忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

コウノトリ3羽一緒に飛来

 2020年01月22日 
有年原の矢野川に3羽飛来したコウノトリ=久保昭臣さん撮影
 有年原の矢野川にコウノトリが3羽飛来。近くに住むアマチュアカメラマンの久保昭臣さん(76)が写真を提供してくれた。
 久保さんは今月17日、自宅の上空をコウノトリが3羽並んで飛んでいるのを見つけた。2日後、原小学校の南約300メートルの矢野川にいるとの情報を聞き、カメラを持って出掛けた。
 鳥を驚かせないように約80メートル離れた場所から望遠ズームで4K動画撮影。川にくちばしを差し込んでエサを探したり、近くの電柱へ移動するため羽ばたいたりする様子をカメラに収め、3羽が画面に入っているシーンを静止画に切り出した。
 脚についている足環からいずれも兵庫県立コウノトリの郷公園が飼育する個体で、2歳のオスとメス、生後約10か月のオスとわかった。親子やきょうだいではないという。一帯は野鳥にとって好環境なのか、カモやサギの姿も見られる。
 久保さんは過去にも有年地区にやって来たコウノトリを撮影したことがあるが、「3羽一緒というのは初めて見た。いい写真が撮れた」と喜んだ。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年1月25日号(2357号) 4面 (8,496,731byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《西有年産廃》事業者と社長代理を書類送検←何の為に(03/30)
  • 定数削減要望に「現状維持」回答←いい加減(03/30)
  • 《西有年産廃》事業者と社長代理を書類送検←言い訳ですらない(03/30)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中