忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「国内最高技術の石積み」赤穂城の櫓台

 2020年01月20日 
専門家による詳しい解説が好評だった赤穂城跡見学会
 国史跡の赤穂城跡を専門家のガイドで巡る見学会が19日にあり、歴史ファン約40人が参加。近世城郭史に詳しい三浦正幸氏(広島大学名誉教授)の解説で縄張の設計や石垣の構造などを見て回った。
 三浦氏は名古屋城や岡山城などの保存整備委員を務め、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の建築考証を担当。日本城郭研究の第一人者として知られる。
 この日は大手門前から二の丸、本丸を歩きながら、赤穂城の復元整備計画にも携わった三浦氏が随所でトーク。敵を弓矢や鉄砲で撃退する狭間(さま)を一つでも多く設けるために複雑に入り組ませた城郭や国内唯一の舟入の枡形、軍学者の山鹿素行が手直ししたという二の丸門横の石垣など見どころを説明した。参加者らはわかりやすい解説に熱心に耳を傾けた。
 「複雑な石垣にするために大変手間のかかる石の加工を施しており、石工はとても苦労したはず」と三浦氏。また、櫓台の石積みは「敵が登りにくい傾斜をつけるために国内最高の技術が用いられている」という。その一方で、本丸防御の要とするべき櫓門は侵入する敵を階上から弓で射ようとしても当たらない角度になっており、「当時は戦乱が終わって半世紀が過ぎていた。理想の縄張を追求したものの、実戦を知らないがゆえに実用的でない箇所もできてしまったのでは」と推測した。
 見学会はJR西日本のキャンペーン「ちょこっと関西歴史たび『忠臣蔵のルーツ 赤穂』」の特別企画として企画。2月末まで「赤穂城跡の秘密探訪」と題し、赤穂市教委学芸員の案内で毎週水曜日午後1時〜3時に実施される。参加無料で各回先着30人を募集中。申し込みは赤穂観光協会Tel42・2602。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年1月25日号(2357号) 3面 (8,496,731byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

いいですね!
私もお城にはあまり興味がなかったのですが、他県の城好きな知人から赤穂の石垣を褒める声があったので
専門家さんが国内最高の技術とゆうなら、本当にすごいんですね!
住んでるだけで何もしてませんがとても誇らしいです

城自体はないですが、石垣だけでも凄さを伝えてPRすれば興味湧く人も増えるかもですね!

そう思う 0

投稿:赤穂大好きっ子 2020年01月23日
【見学会はJR西日本のキャンペーン「ちょこっと関西歴史たび『忠臣蔵のルーツ 赤穂』」の特別企画として企画。】

↑今冬、JRは赤穂をよくPRしてて、姫路駅、三ノ宮駅、大阪駅でこのキャンペーンのポスターやチラシが貼ってあります。発見したときは少し嬉しかったです。

そう思う 0

投稿:ひかり 2020年01月20日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中