忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

関福大とスポクラ共同 ニュースポーツ考案

 2020年01月18日 
新種目「ラッキーストライク」のプレーを楽しむ関西福祉大のみなさん
 誰でも楽しめるスポーツを通じた地域づくりと世代間交流を図ろうと、関西福祉大学社会福祉学部の岡崎ゼミが地元の「スポーツクラブ21」と共同でニュースポーツの新種目を考案した。学生らは「赤穂発の種目として広まれば」と夢を広げている。
 同ゼミでは昨年4月から市内のスポーツクラブ21関係者と市内におけるスポーツ振興の現状や課題を意見交換し、ターゲットバードゴルフやキーンボールなど既存のニュースポーツを一緒にプレー。▽運動量の多い種目は年齢層が制限される▽娯楽性と競技性を同時に充足するのは難しい▽競技によっては広いスペースが必要―といった課題を見つけ、新種目の目指すべき方向性を模索した。
 その結果、誕生したのが1チーム3人の対戦型スポーツ「ラッキーストライク」。中央に同心円状の的を書いたフィールド(長さ15メートル、幅1・8メートル)の両端に分かれて1人3球ずつ交互にボールをスティックで打ち、的に入った得点を競う。
 的をオーバーした球でも相手の障害物となったり、相手の球が当たって的に戻ったりする面白さがあり、さらに相手の陣地に置く障害物(スポンジ)がゲームの楽しさを増大。「高齢者の体力でもプレーでき、若者も退屈しないスリリングな展開」が楽しめるという。
 ゼミでリーダーの中條慎平さん(20)=2年=は「ルールも簡単で子どもからお年寄りまでみんなでプレーできる。絶対盛り上がる」と自信。ボールとスティックはゲートボールやグラウンドゴルフの道具を転用でき、ゼミで製作した人工芝フィールドはスポクラに寄贈するという。ゼミを監修した岡崎幸友准教授は「学生たちのアイデアにスポクラのみなさんのご意見が加わったことで、よりよいニュースポーツが誕生した。ぜひ体験してほしい」と普及を願った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年1月18日号(2356号) 1面 (10,781,123byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 幼小中も4月19日まで臨時休業←マミーマミー(04/06)
  • 消防操法大会 臨時の団長会議で検討か←匿名(04/06)
  • 赤穂高校も4月19日まで休業延長←間をとったのね(04/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中