忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

土日祝限定で坂越−御崎間バス運行

 2020年01月03日 
 特産の牡蠣を目当てに赤穂を訪れる観光客の利便性向上を図ろうと、赤穂市は牡蠣直売所がある坂越と旅館街がある御崎をつなぐ路線バスの実証実験を12月からスタートした。
 ウエスト神姫に委託して3月22日まで土日・祝日限定で運行。事業費約370万円の半分は国の地方創生推進交付金を活用する。
 「御崎」停留所(または「かんぽの宿」)と「小島」停留所の間を一日11往復。途中で牡蠣直売所や「海の駅」がある「大黒」停留所にも停車する。同じく土日・祝日に走る観光周遊バス「陣たくん号」を含めると午前から夕方まで、おおむね30分に1本のペースでバスが走ることになる。運賃は「陣たくん号」と同じで1乗車100円(小学生未満無料)。
 JR播州赤穂駅、坂越駅を発着する既存路線との乗り継ぎで坂越や御崎を効率良く周遊できることから、市はモデルコースを掲載した時刻表パンフレットを製作し、観光案内所などで配布している。
 また、同社は赤穂市内の路線バスが乗り放題になる「フリー乗車券」の1日券(大人500円、小人250円)と2日券(大人700円、小人350円)の販売も開始。市は「観光客の滞在時間拡大につながれば」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年1月1日号・第1部(2353号) 4面 (7,892,787byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中