忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 記事詳細

記事で振り返る2019年《4月》

 2019年12月23日 
オイスターサーモンを使ったメニュー
 
 ▼副市長に藤本大祐氏=今年1月以降空席となっていた副市長に市民対話課長の藤本大祐氏(53)=惣門町=が就任。
 ▼ご当地サーモン初出荷=地元産カキを餌に与えて育てた「オイスターサーモン」を坂越の上田水産(上田武司社長)が養殖。特産への成長に期待。
 ▼関福大ユニフォームに市名・市章=赤穂市が関西福祉大とスポーツ振興協定。一部クラブが市名・市章を付けて試合に出場するほか、学生と子どもたちのスポーツ交流などを進める。
 ▼塩屋の山本さんに「史邑賞」=日本書芸院が特にすぐれた作品に贈る史邑賞を赤穂書道会前会長の山本加代さん(71)=号・蘭逕=が受賞。
 ▼貝毒検出で潮干狩り自粛=播磨灘でアサリなど二枚貝から規制値を超える貝毒。赤穂市漁協が潮干狩り場の開設を見合わせる。
 ▼「赤穂富士」見立てモニュメント=末広がりの稜線から「赤穂富士」の呼び名がついた尼子山に似た形の自然石を使った庭園風モニュメントが坂越のギャラリー喫茶「高瀬舟」に完成。
 ▼稀少な忠臣蔵浮世絵寄贈=赤穂出身の赤穂観光大使、関達也氏(72)=岡山市、岡山理科大学名誉教授=が忠臣蔵の浮世絵や摺物など約150点を赤穂市立歴市博物館へ寄贈。他に現存しない稀少品も。
 ▽セブンイレブンが24時間営業見直しへ
 ▽世界初のブラックホール撮影成功
 ▽ノートルダム大聖堂で火災
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年12月21日号(2352号) 1面 (9,595,076byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中