忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

内蔵助介錯の刀も「元禄赤穂事件」展

 2019年12月13日 
歴史博物館の開館30周年記念で開かれている特別展「元禄赤穂事件」
 開館30周年を迎えた上仮屋の赤穂市立歴史博物館で特別展「元禄赤穂事件」が13日開幕した。討ち入りに至った理由を述べた口上書や義士所用の武具、大石内蔵助を介錯した刀など82点を展示。芝居や映画など「忠臣蔵」の基となった事件を史実の面からたどる。
 「栗崎道有記録」(東京大学附属図書館蔵、前期のみ展示)は事件の発端となった江戸城松の廊下の刃傷で吉良上野介の治療に当たった外科医の記録。眉の上に約11センチ、背中に約18センチの長さの疵があり、止血と縫合を行ったことなどが書かれている。「赤穂城本丸指図」(たつの市立龍野歴史文化資料館蔵)は城明渡し当時の本丸絵図で柱の位置や部屋の畳数まで詳細に描き込まれている。
 大石内蔵助が妻りくの父で豊岡藩家老の石束源五兵衛に宛てた書状は近ごろ同館へ寄贈された新出史料。討ち入りの約10か月半前にあたる元禄15年1月27日の日付で、懐妊が判明したりくを2〜3か月以内に実家へ返す旨が書かれており、討ち入りへ至るまでの経緯を明らかにする史料として注目される。
 「浅野内匠頭長矩臣義士覚書」は熊本藩細川家で世話役を務めた堀内伝右衛門の手記。討ち入り後に同家に預けられた内蔵助ら17人との会話やエピソードがつぶさに記され、本人の自筆とみられる。
 内蔵助や小野寺十内、大高源五などの藩士たちを受診した赤穂藩医、口分田玄瑞の「診療処方録」、内蔵助を介錯した細川藩士・安場一平の子孫宅に刀とともに伝わる「切腹の図」など個人蔵の史料も。同館は「展示を通して、江戸を揺るがせた事件に思いを馳せてもらえれば」と来館を呼び掛けている。
 来年2月4日(火)まで午前9時〜午後5時(水曜、12月28〜31日、1月4日は休館)。入館料300円(小・中学生150円)。Tel43・4600。
<前の記事


コメント

先週、行ってきました。
忠臣蔵関係の書籍に載っている起請文、義士の手紙、吉良邸の絵図、大石内蔵助を介錯した刀、どれも感激の一言です。

そう思う 0

投稿:エビグラタン 2020年01月31日
忠臣蔵は大好きです??

そう思う 0

投稿:菓笑 2019年12月13日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺