忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 読者の声
  3. 記事詳細

【読者の声】元夫が養育費不払い 生活ギリギリ

 2019年11月30日 
 子供3人を育てる母子家庭です。元夫から養育費を受ける約束でしたが、もらえないままです。一生懸命正社員で働いておりますが日々の生活でギリギリです。
 子供が大きくなるにつれ子供への出費額も増えてきました。子供たちを夜、家に置いて働きに行くわけにもいかず、どうしようもない状態です。
 明石市は、養育費を受け取れていないひとり親家庭を対象に毎月5万円までを立て替えて支払う制度を設けていると知りました。赤穂市でも同様の制度を設けてもらえないでしょうか。(市内の30代女性)
   * * *
 養育費は、子どもが経済的、社会的に自立するまでの衣食住費や教育費、医療費などで、離婚して親権者でなくなったり、子どもと離れて暮らしたりする場合でも支払う義務がある。裁判所が標準的な養育費の月額をまとめた「養育費算定表」では、例えば給与年収200万円のひとり親世帯が14歳以下の子ども3人を育てるケースだと、義務者の給与年収が300万円なら「2〜4万円」、600万円なら「4〜6万円」となっている。
 厚生労働省が2016年度に実施した「全国ひとり親世帯調査」では、養育費を「受けている」母子家庭は24・3%で、「受けたことがある」が15・5%、「受けたことがない」は56%。約7割が養育費を受けていない実態がわかった。
 明石市は昨年度、養育費を受け取れていないひとり親家庭に養育費の不払い分を立て替えて支払った上で、別居親に対し立替分を督促して回収する事業の試行を全国で初めてスタート。回収業務は民間保証会社に委託し、市は初回の年間保証料として1か月分の養育費を保証会社に支払う。同様の制度を今年10月から始めた人口5万人台の滋賀県湖南市は、さらに養育費額を取り決める公正証書や調停調書の作成費を3万円まで補助する制度も導入した。
 赤穂市内のひとり親世帯数について正確なデータはなく、父または母と生計をともにできない児童を養育する世帯に支給される児童扶養手当の対象世帯数は「約400世帯」(市子育て健康課)という。明石市や湖南市が導入した制度について同課は「導入を検討するには、そうしたニーズが赤穂市内でどれくらいあるのか把握が必要」としている。
   * * *
赤穂民報より
 明石市の泉房穂市長の著書『子どものまちのつくり方 明石市の挑戦』を読むと、「誰ひとりとして置き去りにはしません。戸籍がなく暮らしている子どもも含め、99%ではなく、100%です。たった一人の子どもも見逃しません。ましてや見捨てたりはしないのです」と子育て支援施策に重点を置く思いが書かれていました。
 明石市の人口は、泉氏が市長に初当選した翌年度から6年連続で増加して過去最多を更新し、特に20〜30代や4歳までの子育て世代が急増しているそうです。信条や施策が受け入れられている結果といえます。
 また、明石市では5年前から離婚届の用紙を取りに来た人に養育費の合意書フォームを渡し、養育費を取り決めるよう促しています。さほど経費や手間もかからないので他の自治体にも広がっているそうです。
 赤穂市も、まずは児童扶養手当の受給者を対象に養育費の不払いで困っている人がいないかヒアリングしてはどうでしょうか。また、養育費合意書フォームの配布、他自治体の先進事例の調査研究など、できることから早急に取り組んでほしいと思います。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年11月30日号(2349号) 1面 (12,536,879byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

私自身を含め、市民の方は人を見る目を養わないとだめですね。
選挙の時、聞こえの良い事ばかりで、中々実現しない方を選んでしまったのは市民です。
市長さんも議員さんも今からでも遅くはないと思います。企業を誘致しなくても人は集まる事が実証されています。
どこかの町議は人口増の為に「企業誘致!」「企業誘致!」と叫んでいますが・・・・。
小さな事からコツコツとみんなで頑張りましょう。
投稿:人 2019年12月02日
上のかたのご指摘のとおりだと思います。
新しい市長になり、多くを期待しましたが、進捗していますか?
公約をあらためて見直すと、出来ないのではないですか。
民間企業は当然していますが、あまりにも聞こえのよいことばかりなので達成度を公表いただきい。議員の仕事でしょう!
投稿:たかお 2019年12月02日
この記事を読んで結婚したい、子供が欲しいと思えなくなりました。
投稿:夢より現実 2019年12月04日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中