忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

義士ネコが全員集合 オリジナル人形展

 2019年11月04日 
黒猫を義士に見立てた創作人形「The47BlackCats」
 黒猫を赤穂義士に見立てたオリジナル創作人形の企画展「『令和だよ!全員集合』The47BlackCatsと仲間たち展」が加里屋の赤穂市立民俗資料館で4日から始まった。親しみのある義士ネコたちがずらりと並んでいる。
 加里屋のデザイナー、マサミマエカワさんが自身考案のキャラクターを基に一体ずつ石こう粘土で手作りし、アクリル絵の具でペイント。討ち入りバージョンをはじめ、白装束で三方に乗った「切腹バージョン」、ひな壇に並べた「お囃子バージョン」などがある。
 キャラクターが誕生したのは2002年。「赤穂義士のお話をより多くの人に知ってもらえるきっかけになれば」と図案化した。犬公方と呼ばれた将軍綱吉に対抗する象徴として猫をモチーフに選んだといい、討ち入り300年の翌年に人形を発表した。かわいらしさと楽しさが注目され、その後、京都、大阪、パリなどでも展示。絵本や切手にもなった。
 今回はこれまでに制作した全作品を一堂に展示。ル・ポン国際音楽祭を盛り上げようと作った「オーケストラバージョン」、仮名手本忠臣蔵七段目をモチーフにした「一力茶屋バージョン」など総数は250体に上る。絵本やポスター、カレンダーも展示している。
 マエカワさんは「全作品を同時に展示したのは今回が初めて。楽しんでもらえれば」と話している。
 12月15日(日)まで午前9時〜午後5時。水曜休館。入館料100円(小・中学生50円)。Tel42・1361。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年11月9日号(2347号) 4面 (6,821,506byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中