忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

【寄稿】緒方貞子さんとの思い出

 2019年11月03日 
緒方貞子さんの提案でJICA地球ひろばで開かれたアートマイル壁画展=ジャパンアートマイル提供
 「シリア・パレスチナ難民キャンプの子どもたちと日本の子どもたちが描いた壁画をJICA地球ひろばで展示してもらえないか」
 2007年11月、秘書を通じて緒方貞子さんから連絡があった時には「えっ、緒方貞子さんですか!?」と大変驚きました。
 海外のパートナー校とインターネットを使って対話して一枚の壁画を共同制作する国際協働学習「アートマイル」をスタートした06年に、シリアのパレスチナ難民キャンプの子どもたちと日本の小学校・中学校をネットで繋いでプロジェクトを実施しました。そこで生まれた5点の壁画を当時JICA理事長だった緒方さんが関連施設で展示したいとおっしゃったのです。夢かと思いました。
 何でも、07年10月にUNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)の事務局長が来日して緒方さんを表敬訪問された際に、「UNRWAが支援するパレスチナ難民キャンプの子どもたちと日本の子どもたちがアートマイルというプロジェクトでテレビ会議でface−to−faceで話し合ったり、電子掲示板で意見交換するなどして相互理解を深めている様子を視察して感動した」と緒方さんにお話されたところ、緒方さんが是非アートマイル作品をJICAで展示してもらったらとおっしゃったそうです。
 こうして08年2月に当時広尾にあったJICA地球ひろばで、「アートマイル壁画展〜壁画でつなげよう!子ども・世界・平和〜」が開催されました。展示の際には緒方さんにお目にかかるチャンスはありませんでしたが、翌年に直接お話しする機会をいただきました。緒方さんはそのときすでに80歳を超えておられましたが、大変小柄な体から放出されるエネルギーに感動しました。
 JICAとのご縁はこうしてアートマイルスタート時点にまで遡ります。今も毎年世界の至るところでJICA海外協力隊の支援で日本と開発途上国の子どもたちの協働学習が行われていることを思う時、緒方貞子さんが始まりだったなと感慨深いものがあります。
 緒方貞子さんのご冥福をお祈りします。(一般財団法人ジャパンアートマイル理事長・塩飽隆子)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年11月9日号(2347号) 4面 (6,821,506byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中