忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

日本画の古川功晟さん 日展初入選

 2019年11月02日 
古川功晟さんと日展初入選作「みつめる」
 「改組新第6回日本美術展覧会」(公益社団法人日展主催)の日本画の部で、大町の古川功晟(かつあき)さん(25)=大阪芸術大学大学院2年=が初入選した。
 入選作「みつめる」はラクダを題材に描いた150号(縦約1・8メートル、横2・2メートル)。作品の構想が固まるまで大学近くの天王寺動物園に通い詰めて観察した。「自分がラクダを見ているつもりが、逆に自分の浅い部分を見透かされているように思えてきた」といい、その感覚を作品に投影した。
 日展は一昨年から挑戦し、2年続けて落選。同期の中には初出品で入選した者もあり、焦りから自信をなくしかけた時期もあったという。そんな中、今夏に京都画壇を代表する竹内浩一画伯のアトリエを訪問する機会に恵まれ、「中庸であるべきではない」との助言を受けた。
 「あのアドバイスで入落を気にせず描いてみようという気になれた」。周囲からは「ラクダは難しい」と題材の変更を勧められたが、「自分の描きたいものを描く。それでだめなら仕方がない」と開き直った。
 「こだわってやってきたことが結果に結びついて本当にうれしい」と喜びを語る古川さん。「これからも自分の思いを素直に伝えられる絵を描いていきたい」と抱負を話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年11月2日号(2346号) 1面 (6,182,822byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中