忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

古民家再生に最大666万円補助

 2019年10月19日 
 空き家になっている伝統的木造建築物を再生して地域活性化に有効活用してもらおうと、赤穂市は「古民家再生促進支援事業補助金」を15日から導入した。県の補助制度との併用で最大666万円(歴史的建築物は1000万円)の助成を受けられる。
 対象となるのは、瓦葺き・茅葺き、土塗り壁などの要件を満たす築50年以上の古民家。改修によって一定の耐震性を確保した上で10年間は地域交流施設や賃貸住宅として活用することなどを条件に改修にかかる費用を補助する。
 補助額は改修費に応じて異なり、500〜1000万円の場合は500万円(県の制度を併用)。改修費が1000万円以上なら666万円で、市街地景観重要建築物の指定を受けるなど歴史的建築物の場合は最大1000万円が助成される。
 県のまとめでは、兵庫県は古民家(昭和25年以前に建てられた木造家屋)の数が大阪府に次いで全国で2番目に多く、2008年時点で約7万7500戸。しかし、5年後の調査では約1割が減少した。県は古民家の有効活用による優良な住宅ストックの形成や町並み景観の維持・継承が地域の活性化につながるとして、地元市町が同額を補助することを条件に古民家改修費を助成する制度を2007年に創設。昨年度末までに35件が制度を利用し、民宿やレストラン、カフェなどに生まれ変わったという。
 赤穂市の空き家改修補助制度としては、築20年以上などを条件に最大500万円を助成するものがあるが、今回の補助制度はさらに手厚いものとなっている。
 県が専門家を派遣して修繕可能性の調査や再生プラン提案を無料で行う制度もあり、市は「一軒でも多く空き家が再生されて地域活性化に役立つよう、各制度のPRに努めたい」としている。
 これらの制度についての問い合わせは市都市整備課建築係TEL43・6827。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年10月19日号(2344号) 1面 (4,343,847byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

町を歩いていても、空き家のような家が多く見られたのでとても良い取り組みだと思います
もう少し踏み込んで、空き家の持ち主に声をかけたり、起業してみたい希望者を繋げてくれる業者さんなり
市の職員?部署?などあればもっと良いいなと、思いました

飲食店や娯楽施設、雑貨屋さんなど古風なお店が増えると足を運ぶ楽しみが増えそうです
投稿:赤穂活性化! 2019年10月20日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←断固反対(11/18)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←あか(11/18)
  • 日本珠算連盟 第127回段位認定試験昇段者←赤穂民報(11/18)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中