忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史イベント
  3. 記事詳細

神輿担ぎ57年ぶり復活へ

 2019年10月14日 
57年ぶりに3基すべてを担いで神輿巡行を復活させる赤穂八幡宮の氏子のみなさん
 頭人行列(赤穂市無形民俗文化財)や獅子舞(兵庫県無形民俗文化財)とともに神輿3基が繰り出す赤穂八幡宮(中村良廣宮司)の秋の祭礼「神幸式」で、担ぎ手不足のために台車に乗せて行っていた神輿巡行を57年ぶりに復活する。
 「令和の御代と天皇陛下の即位を祝う記念すべき年にふさわしい祭礼になれば」と同神社。神幸式は10月20日(日)に行われる。
 同神社によれば、神幸式は寛文元年(1661)に行われた記録があり、3世紀半を超える歴史がある。3基の神輿は、いずれも弘化3年(1846)に大坂で製作された。祭礼では拝殿と約600メートル先の「ノット」と呼ばれる御旅所を往復するが、人の手で神輿を担いでの巡行は1962年を最後に行われなくなり、以降は台車に乗せて移動する形が続いた。
 5年前、「神輿巡行を本来の姿で行いたい」とする神社の意向に賛同した氏子有志が1基を担いで鳥居前で練りを披露。その翌年から昨年まで1基を担ぎ、2基は台車で御旅所を往復した。見物した地域住民や観光客から「やっぱり神輿は担ぐと華がある」と好評で、担ぎ手からも「3基とも担がんと物足りん」との声が上がった。
 今年は10代から70代までの50人が担ぎ手として名乗りを上げた。当日は3班に分かれ、重さ約300キロといわれる神輿を交替しながら1基12人ずつで担ぐ。小学生のとき子ども神輿を担いだ海浜町の定時制高校生、金谷拓泉さん(17)は「大好きな祭りで、また神輿が担げるのがうれしい」とやる気をみせ、総指揮を務める松原町の中西尚さん(73)は「まずは安全を第一にして、地域の伝統ある行事を守っていきたい」と話している。
 主な行程は次のとおり。時間は予定で前後する場合あり。問い合わせは同神社Tel42・2268。
 ▽午後0時20分=頭人行列繰り出し▽2時15分=獅子舞太鼓打ち出し▽4時=神輿繰り出し▽4時40分=ノット(御旅所)へ行列出発▽5時過ぎ=ノット入り▽6時30分=宮入り
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年10月12日号(2343号) 1面 (6,750,618byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中