忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

山鹿素行のお話(11)後記

 2019年10月12日 
本丸跡に赤穂高校があった昭和初期の赤穂城跡。左端には、現在の場所に移設される前の山鹿素行像がある=山鹿素行研究会提供
 これまで10回にわたり、山鹿素行という人物について、ご紹介してきましたが、皆さん!少しはご理解いただけましたでしょうか。
 山鹿素行の教えは浅野家三公や大石内蔵助に影響を与え、塩田開発や寺社の再建など赤穂藩の治世にまで及んでいます。
 むかし西浜があった新田の光浄寺では毎年8月に浅野三公のご恩に報うべくお祭りを、地域あげて今日に至るまで継承していることや、また東浜の田淵邸は城主が訪れる度に使用された立派なお部屋を今も大切に維持していることなどは、そうした証ではないでしょうか。
 しかしながら、この偉大な山鹿素行を知る具体的な遺物は銅像と大石神社にある山鹿素行神社しかこの赤穂には残っていません。大正15年5月当地を訪れた山縣治郎18代兵庫県知事が銅像を見て武士道が生きている町と感動したからこそ、赤穂高校を建設(昭和3年11月に本丸跡に完成)してくれたものの、昭和46年に赤穂城が国の史跡に指定されるやいなや、あの西洋のお城のような校舎は木端微塵に破壊され、代わりに御崎に新校舎が建ち(昭和56年)、その中に旧校舎の正門の一部がひっそりと残されたのみです。
 戦後、GHQが日本の君臣、忠義を大切にした道徳教育をターゲットに日本の思想改革を占領政策の柱にしたことから、「忠臣蔵」の赤穂は特にそのやり玉に挙げられ言論統制が厳しかったと聞きます。実際私が3年間通った赤穂高校では山鹿素行の「や」の字ほども教わる事はなかったように記憶しています。
 今回この連載を通じ、9月の多久先生の講演を含め色々な方々からご指導を頂いたのですが、その中で特に大事な点は、山鹿素行の最高傑作ともいえる『中朝事実』が赤穂で書かれたことです。山鹿素行は賑やかな江戸から遠く離れた、三方山で囲われ、開けた南は海というある意味閉塞感満載の田舎町の赤穂に配流され、失意の中にいたのですが、その内に領民の優しさや信心深さ、そして気高さに気づくわけです。それまで江戸が学問や文化・経済の中心だと思っていた素行は、赤穂が山から採れる果樹や獣肉や薪などの豊富なこと、また南の海からも海産物やお塩などがふんだんにとれ、そうした豊かな恵みのベースに神社仏閣が多く、天照大御神などの高祖神を崇め、親鸞や日蓮等が説く仏道にも熱心である風土に刺激を受けたようです。 
 山鹿素行の名著であり日本学の最高傑作といわれる『中朝事実』はまちがいなく、この赤穂の風光明媚で気候温暖な風土、そして赤穂に脈々と流れる歴史文化が生んだものだと思います。これを機会に赤穂人としての誇りを再度意識して頂ければ幸いです。(完)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年10月12日号(2343号) 3面 (6,750,618byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

「光浄寺では毎年8月に浅野三公のご恩に報うべくお祭りを、地域あげて今日に至るまで継承していることや、また東浜の田淵邸は城主が訪れる度に使用された立派なお部屋を今も大切に維持している」のがどう山鹿素行と関係があると言えるのでしょうか?
またGHQによる言論統制と、平尾孤城先生の公職追放の件が混濁されて山鹿素行論を展開されていないでしょうか?
投稿:覆面居士 2019年10月12日
新田の浅野3代の木造は、森家になってからであり、なんでもかんでも山鹿素行に結びつけるのは、いかがなものかと思います。
歴史は公平に捉えるべきで、一つに捉えると物語に終わってしまいます。
山鹿素行をもっと深く研究をするならば謫居どうもんより、やはり整教要録でわないでしょうか。

平尾先生の研究は、素晴らしいものであるとおもいますが、もっと陽の目をあてて行く必要があると思います。
投稿:赤穂を考える 2019年10月14日
ある時期大切にされていた山鹿素行の銅像や、その近くの石垣の上にあった忠魂碑なども赤高移転と一緒に辺鄙な所に追いやられていますね。
城内にあった多数の民家も立ち退きされてるのに、そこをどうするのか、どうしたいのかさっぱり分かりません。
二の丸庭園に入っても途中で行き止まりで、その先の桜の綺麗な花見広場には行けへんし。
いったい全体、赤穂市は観光赤穂と言ってるけど、ここら辺の整備をどうしたいのか教えてほしい。
多分、教育委員会辺りは発掘や調査で忙がしくそれどころやない?
投稿:もったいない 2019年10月17日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 期末・勤勉手当 総額7億超←中小の浪士(12/15)
  • 赤穂義士祭に10万8000人←フェルミ(12/15)
  • 期末・勤勉手当 総額7億超←赤穂民報(12/15)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中