忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

紙ごみ分別収集 赤穂地区で試験

 2019年10月05日 
 赤穂市美化センターは10月から3か月間、赤穂地区(赤穂小校区)限定で紙ごみの分別収集を試験的に実施する。試験実施で回収量やコストなどの実態を把握し、全市的な取り組みを検討する。
 従来は「燃やすごみ」としているチラシ、書類、写真などを「紙ごみ」として収集する。住友大阪セメントに有価物として1トン500円で売却し、石炭の代わりに燃料として使用されるという。
 同センターが赤穂地区の各世帯に配布した説明書によると、食品などの汚れが付着しているもの、使用済みの紙おむつやティッシュペーパーは対象外。住所や氏名などプライバシー情報を含む郵便物や書類も除く。
 また、従来どおり紙製容器包装マークがあるものは「その他紙製容器包装」として回収。新聞紙や雑誌、段ボール、紙パックなどは資源ごみとして自治会などの集団回収への拠出を呼び掛ける。
 同センターによると、新聞紙や段ボールなどは古紙リサイクル業者に1トン十数円で売却しているが、「紙ごみを古紙として売却するには、さらに細かい分別が必要で、現時点では難しい」という。「紙ごみを『燃やすごみ』から分別することで焼却炉の延命化が図れ、燃料としても活用される。市民のみなさんに理解と協力をお願いします」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年10月5日号(2342号) 1面 (7,984,206byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中