忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「目指すは金賞」全日本吹奏楽コンクール

 2019年10月01日 
写真左は岡山学芸館の山本さん(左)と林さん。同右は明誠学院の正木君(左)と金碇君)
 全日本吹奏楽コンクールの高校の部(10月20日、名古屋国際会議場)に中国地区代表として出場する岡山学芸館と明誠学院に赤穂出身の部員が2人ずつ在籍している。両校は晴れの舞台での金賞を目標にしており、4人は「チームのために」と意気込んでいる。
 同コンクールは今年で60回目。高校の部は全国11地区の代表校30校が出場し、1校55人以内で演奏を競う。両校は、21校が参加した8月の地区大会で、ともにすぐれた演奏を披露し、上位3校に与えられる代表権を獲得した。 課題曲は両校とも「エイプリル・リーフ」、自由曲は岡山学芸館はグレアムの「巨人の肩にのって」、明誠学院はドビュッシーの「海」を演奏する。
 岡山学芸館(中川重則顧問、部員数150人)はフルートの山本咲姫さん(17)=3年、板屋町=とチューバの林留那さん(17)=2年、山手町=がメンバー入り。山本さんは「毎日目標を決めて、できるまで練習する」という努力家で、林さんは海外の演奏家のCDを聴いて、「できるだけ近づきたい」と練習を頑張ってきた。
 明誠学院(稲生健顧問、91人)にはトランペットの正木真翔(まなと)君(18)=3年、惣門町=と打楽器の金碇祐羽人(ゆうと)君(17)=3年、加里屋中洲=が在籍。正木君は「お世話になった方への感謝を届けられるような演奏を」と抱負。サブチームでリーダーの金碇君は「メンバーが安心して演奏できるように」とサポートに徹する。
 4人ともオープンスクールなどで聴いた先輩たちの演奏に憧れて進学先を決めたといい、自校の名誉と誇りをかけて大会に臨む。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年10月5日号(2342号) 3面 (7,984,206byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中