忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

古布や古着リメイク 女性作家二人展

 2019年09月28日 
民俗資料館で二人展を開く西川喜代子さん(左)と岡崎末由弓さん
 古布や古和服を作品としてよみがえらせる女性作家の二人展「ほっこり楽しいお人形と帯・着物リメイク展」が10月1日(火)から加里屋の赤穂市立民俗資料館(大河龍生館長)で始まる。
 古布や古着を使って趣味の人形を創作する新田の西川喜代子さん(67)と、着られなくなった和服を洋服やバッグなどに仕立て直す中広の岡崎末由弓さん(72)の合同展。西川さんはおひなさまや風神雷神など創作人形を中心に約30点、岡崎さんは紬地のリメイク作品を主に約20点を出品する。
 5年前に同館で開かれた企画展で岡崎さんの作品を見た西川さんが声を掛けて2人の交流が始まった。ともに「作品をつくっているときは楽しくて、時間を忘れてしまいます」と口を揃える。
 いずれの作品も素材の特徴や色柄を活かして細部にまでこだわった労作。「前からだけでなく、斜めや後ろからも人形を見てもらえれば」(西川さん)、「紬の奥深さを手に取ってじっくり感じてほしい」(岡崎さん)と鑑賞を呼び掛けている。
 10月11日(金)まで午前9時〜午後5時。水曜休館。大人100円、小・中学生50円。Tel42・1361。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年9月28日号(2341号) 1面 (9,591,876byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中