忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

観光大使パク・ジュニョンさん 赤穂公演へ60人招待

 2019年09月27日 
10月16日に赤穂公演を開くパク・ジュニョンさん
 赤穂観光大使委嘱10周年を迎えた韓国出身の演歌歌手、パク・ジュニョンさんのライブツアー赤穂公演(10月16日、赤穂市文化会館ハーモニーホール)のチケットがこのほど発売された。
 パクさんは芸能界デビュー前に赤穂でホームステイした縁で2009年に観光大使に就任。今年7月から大阪、東京、名古屋など全国7か所を巡るツアーにも「第二のふるさと」として赤穂を組み入れた。ツアー公演では新曲『永遠にサランヘヨ』、今春リリースした初のベストアルバム収録曲などを熱唱する。
 パクさんは「赤穂は日本で歌手を目指すことになった原点、ふる里です。コンサート翌日には全国のファミリークラブの皆さんと赤穂ツアーもありますので、観光大使として赤穂の魅力をファンの皆さんに精一杯PRさせていただきます!」と話している。
 小ホールで午後2時半開演。チケットは指定席5500円、自由席3500円。問い合わせはジョージ・プロモーション(Tel03・5423・5444)。
 * * *
 パク・ジュニョンさんはライブツアー赤穂公演に赤穂市民60人を招待する。
 官製はがきに氏名、住所、連絡先、希望人数を明記し、〒150−0013東京都渋谷区恵比寿1−10−5中田ビル202、株式会社ジョージ・プロモーション 「赤穂コンサートご招待」係まで。10月4日(金)必着。当選者には10月11日(金)までに当選通知が送られる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年9月28日号(2341号) 3面 (9,591,876byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

デビュー前に初めて会ったパクジュニョン君?彼を見た時、おとなしそうな性格、誰も知らない日本の芸能界で不安だろな?と思い原石から宝石になる姿を見届けたいと決心しました。
歌手なので歌が上手なのは、当たり前ですが初めて出会った時と変わらない人柄に感心しています
投稿:加古川市の暇人のきりちゃん 2019年09月27日
3年前からのファンです😆初めて可愛いいよと思い早速
ファンに成りました✌ 日本に来て日本語
話せず 凄く努力と頭の回転が良いのだと〜
これからも頑張って下さい🎵応援します🙏
投稿:ミンミン 2019年09月28日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←断固反対(11/18)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←あか(11/18)
  • 日本珠算連盟 第127回段位認定試験昇段者←赤穂民報(11/18)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中