忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

赤穂高生が熊本復興支援へ結団式

 2019年09月25日 
熊本復興支援ボランティア活動の結団式でスピーチする生徒代表の佐井太地さん
 3年前に地震で被災した熊本へ復興支援ボランティア活動へ向かう赤穂高校(山田潔校長)の生徒と職員47人が25日、赤穂市役所で結団式。翌日の出発を前に士気を高めた。
 同校の復興支援ボランティア活動は2015年度から宮城県で始まり、熊本での活動は昨年に続いて2度目。今回は定時制から有志26人と全日制の音楽部14人が志願。職員7人が引率して26日から3泊4日の日程で阿蘇市や西原村などを訪れ、仮設住宅で入居者に歌声を披露したり、農家で収穫を補助したりするほか、復興イベントの準備も手伝う。赤穂市と姉妹都市の山鹿市では市役所を表敬訪問する。
 熊本県のまとめでは、今年8月末時点で8043人が仮設住宅(公営住宅を含む)での生活を続けている。結団式で、牟礼正稔市長は「心の復興支援をしてきていただきたい」と激励。生徒代表の佐井太地さん(19)=定時制4年=は「被災者の方々にひとときの安らぎを感じてもらえるよう頑張ってまいります」と語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年9月28日号(2341号) 3面 (9,591,876byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中