忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

歴博「義士シアター」映像と設備一新

 2019年09月23日 
映像と設備を一新した歴史博物館の義士シアター
 1989年のオープンから今年度で30周年を迎えた上仮屋の赤穂市立歴史博物館は、2階の義士シアターの映像と設備をこのほどリニューアルした。
 新映像は、「史実元禄赤穂事件」(12分7秒)と「人形浄瑠璃文楽『仮名手本忠臣蔵』見所紹介」(12分28秒)の2本で、いずれもNHKエンタープライズが制作した。
 「史実−」は東京、吉良町、山科、赤穂のロケ映像と同館所蔵資料を中心に全編デジタル4Kで編集。NHK制作の江戸城松の廊下のCGや画家・長安雅山の肉筆画「赤穂義士真観」アニメーション化映像も盛り込んだ。「人形浄瑠璃−」はNHKと国立劇場のアーカイブ映像で仮名手本忠臣蔵の三段目から十一段目までの名場面を再構成。太夫の語りの字幕付きで上映する。
 老朽化していたプロジェクターはフルハイビジョン対応に更新。ボタンを押せば再生終了を待たずに最初から映像を視聴できるシステムになった。また、画面3枚をつなげて使用していたスクリーンを継ぎ目のない150インチ(縦187センチ、横332センチ)に付け替え、より見やすくなった。
 映像制作は約799万円、設備更新は約394万円をかけた。同館は「映像によって短い時間でも元禄赤穂事件のあらましや忠臣蔵の魅力を伝えられる」と話している。Tel43・4600。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年9月28日号(2341号) 3面 (9,591,876byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中