忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関福大リレーコラム・意欲を育てるには

 2019年09月07日 
私たちは、よく「やる気が出ない」とか「どうしたらやる気が出るのか」といった言葉をよく聞きます。では、やる気を起こさせるにはどうしたらよいでしょうか。難しい問題です。「頭のよくなる本」(林 髞著・大脳生理学者)では、次のことに気をつけるとよいと指摘しています。
 まず、第一に「睡眠をよくとること」です。 頭を使うと、頭を働かせる物質が消費されます。この物質は熟睡しているときに作られます。したがって、熟睡できる環境をつくることが大切です。そのため、早寝早起きの習慣をつくる必要があります。
 続いて、第二は、「栄養をとること」です。バランスよく栄養を取ることはもちろんですが、ビタミンB1・B2・B12などをとるとよいようです。
 最期は、「頭の切り替えをすること」です。同じ勉強を続けると、頭の同じ部分を使うので、疲れていやになります。夜の二時間の勉強は、朝の二十分とその効果は同じであるといわれます。夜がんばるよりも、早起きして勉強する習慣をつけるとよいということです。
 また、精神的な面では、どうでしょうか。
その1は、「完成、成功の喜びを体験させる」ことです。苦心して仕事や勉強をやりとげると、心の中に、やりとげた後の爽快感が味わえます。これを成功感、成就感などとよんでいますが、一度この喜びを体験すると、もう一度経験したい、という意欲になります。
 その2は、「優越感、負けん気、競争心を刺激する」ことです。他人にできることは自分にもできるはずだ。他人に負けたくない、良い点をとりたい。などの気もちをおこさせ、意欲を高めます。
 その3は、「興味をもたせる」ことです。やっているうちに、だんだんおもしろくなった、という経験が、やる気をおこさせます。
 その4は、「責任感を自覚する」ことです。言われたことは何とかしないと気がすまない。自分だけやらないと恥ずかしい。他人がやっているのを見ると、何だか悪いような気がする。などの気持ちを大切にして、やる気を高めます。その5は、「努力する」ことです。どうしてもやってしまおうとがんばります。努力する喜びが意欲になります。
これらのことは、子どもにもあてはまります。その際、家庭では、ほめたり、叱ったり、信頼してあげたり、励ましたりと子どもが中途であきらめないように目をはなさず、絶えず支えてあげることが大切です。(小野間正巳・教育学部児童教育学科教授)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年9月7日号(2339号) 4面 (8,770,853byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《城南橋贈収賄事件》「市政の信頼回復に全力で」市長訓示←厳罰(09/18)
  • 《城南橋贈収賄事件》「市政の信頼回復に全力で」市長訓示←どうせ削除されるでしょうが…(09/18)
  • 《城南橋贈収賄事件》「市政の信頼回復に全力で」市長訓示←頑張れ赤穂市役所(09/18)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中