忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

公共料金改定 審議会開催見送り

 2019年08月31日 
 赤穂市は、公共料金改定へ向けて今年度に予定していた使用料手数料等審議会の開催を見送ることを27日までに決定した。
 見送った理由について、牟礼正稔市長は「10月に消費税が増税される中、公共料金をアップすることは市民生活や地域経済への影響が大き過ぎる恐れがある」とし、審議会の開催経費を削減する今年度一般会計補正予算案を9月3日(火)開会の第3回定例会へ上程する。
 同審議会が前回開かれたのは2008年度。下水道使用料や助産料、乳児・妊婦検診料、火葬料などを値上げする市当局の改定案を「妥当」と答申し、実際に公共料金がアップされた。消費税8%から10%への引き上げが予定されていた16年度にも開催が計画されたが、政府が消費増税を延期したことを受け、開催を見送った経緯がある。
 市は今年2月に当初予算案を発表した時点では、「消費増税に伴う行政コスト増に対応するため、公共料金の改定を検討する必要がある」などとして審議会の開催経費を計上していた。消費税は予定通り10月の増税が確実な情勢だが、方針を転換した。
 牟礼市長は「財政状況は厳しいが、総合的に考えて開催見送りを決断した。今後は消費増税による影響を見極め、他市町の状況も考慮した上で開催の可否を判断したい」と話した。
 第3回定例会は9月24日まで。18年度各会計決算、市教育委員任命など33件を提出する。今年度一般会計補正予算案は▽観光マーケティング推進事業(2096万円)▽日本遺産推進協議会補助金(616万円)などを含む総額2億3100万円となっている。一般質問は19日(木)と20日(金)に行う。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年8月31日号(2338号) 1面 (6,437,190byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中