忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「災害救助犬」の役割学ぶ

 2019年08月26日 
捜索のデモンストレーションもあった災害救助犬講座
 地震で倒壊した家屋の下などから行方不明者を捜索する災害救助犬について知る講座が23日、中広の赤穂市総合福祉会館であり、役割や活動などを学んだ。
 赤穂市ボランティアセンターがサマーボランティアスクールとして主催。夏休みの親子など約25人が受講した。災害救助犬やセラピードッグの育成と派遣に取り組む認定NPO法人「日本レスキュー協会」(伊丹市)からスタッフ3人と災害救助犬の「金蔵」(ジャーマンシェパードドッグ、オス4歳)と研修中の「ラフィー」(ブリタニースパニエル、オス5歳)の2頭を招いた。
 同協会によると、災害救助犬は阪神淡路大震災をきっかけに日本でも知られるようになった。嗅覚にすぐれ、物音や暗所を怖がらない犬が向いており、生後2〜3か月から3〜4年かけて訓練。8歳ごろで引退し、ボランティアに引き取られて第二の人生を送る。
 講座では、警察犬が足跡の臭いをたどるのに対し、災害救助犬は空気中に漂う体臭を頼りに人を捜すという違いを説明。家の模型4つのうちの一つに隠れた人を金蔵が捜し当てるデモンストレーションを披露した。
 金蔵は祖父も災害救助犬で、母は警察犬。昨年7月の西日本豪雨災害でも被災地に出動し、救助に活躍したという。同協会の今井雅子さんは、「災害救助犬について理解と支援が広まってほしい」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年8月31日号(2338号) 1面 (6,437,190byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中