忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

フィジーク日本選手権へ塩屋の衣笠洋司さん

 2019年08月24日 
フィジークの県大会で優勝し、オールジャパン選手権へ意気込む衣笠洋司さん
 スタイリッシュに鍛えた肉体の美しさを競う第6回オールジャパン・メンズフィジーク選手権大会(8月31日、メルパルク大阪ホール)に塩屋の衣笠洋司(ひろし)さん(37)=パワーハウス赤穂=が兵庫県代表として2年連続で出場する。
 フィジークは、筋肉のバランスだけでなく表情やヘアースタイルなどを含めた総合的な観点で審査する競技。筋肉のボリュームが重視されるボディービルがビキニを着用するのと異なり、サーフパンツ姿でステージに上がる。近年の「筋肉ブーム」とともに人気と注目度がアップし、競技人口が急増しているという。
 小学校から大学まで野球に熱中するなど元々体を鍛えることが好きで10年ほど前からスポーツジムに通っている衣笠さん。「目標を持って一つのことに真剣に打ち込む姿を息子に見せたい」と競技会への出場を決意した。各種大会で経験を積み、昨年の県大会で3位に。18日にあった今年の県大会では見事にチャンピオンとなりオールジャパンの出場権を勝ち取った。
 赤穂中央病院の事務職員として勤務しながら日々のトレーニングを欠かさない。ダンベルやマシンを使い、大会に向けて何か月もかけて筋肉をビルドアップしつつ、体脂肪率を5%程度まで落とす。「練習以上に大切なのが食事」といい、基本的に揚げ物類は口にしない。「競技に打ち込めるのは、毎日の食事に気をつかってくれる妻のおかげ」と感謝している。
 オールジャパンは年齢と身長によるカテゴリー分けがあり、衣笠さんは40歳以下168センチ以下級に出場する。「自分としては過去最高の仕上がりだった」という県大会の状態をキープし、昨年はかなわなかった予選突破を目指す。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年8月24日号(2337号) 1面 (11,489,880byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 期末・勤勉手当 総額7億超←ケン(12/11)
  • 期末・勤勉手当 総額7億超←中小企業の民間人(12/11)
  • 期末・勤勉手当 総額7億超←え?(12/11)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中