忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

楽しく歌って10周年「唱歌の学校」赤穂分校

 2019年08月10日 
開校10周年を迎えた「唱歌の学校」赤穂分校。楽しい指導の下、歌声が響く
 ♪うーさーぎおーいし、かーのーやーまー。毎月第4木曜日午前の赤穂市民会館2階。ピアノの伴奏にのせて歌声が響く。「唱歌の学校」赤穂分校の練習日だ。
 「出席をとります」。「教頭」の泉規子さん(61)=西宮市=が一人ずつ名前を呼び、練習が始まる。まずは発声。「あくびするみたいに上あごを上げて」「『お』の口で息を吸うと、たっぷり息が吸えますよ」。規子さんは大阪音楽大学出身で国内外でオペラにも出演する声楽家だけあり、歌詞を大切にするアクセントや発声の指導は的確。関西弁の冗談も混じるアドバイスは生徒たちから「楽しくて、わかりやすい」と好評だ。
 唱歌の学校は、阪神淡路大震災から2年後の1997年、規子さんの夫で大阪フィルハーモニー交響楽団などで指揮者を務めた音楽家の泉庄右衛門さん(78)が「震災で心に傷を負った人を音楽の力で癒やしたい」と創設した。主に歌うのは戦前に刊行された「新訂尋常小学唱歌」に収録された曲。「心のうたを21世紀へ」との理念に共鳴した赤穂市内の音楽スタジオの要望で2009年に赤穂分校が開設された。
 現在は西宮の本校に約200人、赤穂分校には12人が在籍している。分校設立からのメンバーという正保橋町の山本幸さん(79)は一時出にくくなっていた声が発声トレーニングによって再び出せるようになったという。「みんなで一緒にコーラスすると、何もかも忘れて心が洗われる。月1回の活動日が本当に楽しみ」と話す。
 「唱歌は誰もが口ずさめるメロディで、心を一つにする力があります」と規子さん。年齢や性別、合唱経験の有無を問わず入学できるといい、「ぜひ興味のある人は見学してもらえれば」と呼び掛けている。
 月会費1250円。問い合わせはTel45・1533(長谷川さん)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年8月10日号(2336号) 1面 (6,139,208byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 自治会連合会が市議会定数削減を要望←あかさたな(10/12)
  • 山鹿素行のお話(11)後記←覆面居士(10/12)
  • 自治会連合会が市議会定数削減を要望←赤穂太郎(10/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中