忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

初の全国大会で狙う会心の一投

 2019年08月03日 
初の全国大会で自己記録更新を目指す藤原颯汰君
 陸上競技の男子砲丸投で赤穂中学校3年の藤原颯汰君(14)が第46回全日本中学校選手権大会(8月21〜24日、大阪市・ヤンマースタジアム長居)に初出場する。
 身長174センチ、体重66キロと砲丸投げ選手としては細身で、100メートルを11秒77で走る瞬発力を生かした投てきが持ち味。6月の県通信大会で自己ベストの13メートル06を投げて2位となり、全国大会の参加標準記録(13メートル00)を突破した。7月の県総体でも13メートル02で準優勝。コンスタントに13メートル台を出せる地力をつけている。
 昨シーズンの自己記録は12メートル36。レベルアップのために地道な冬季練習に取り組んだ。10台並べたハードルを片足跳びや両足跳びで越えていくジャンプ練習、地面に平置きした古タイヤを手で押すトレーニングなどで下半身を強化。砲丸を突き出すスピードとパワーが格段にアップした。
 学校生活では生徒会の生活部副部長として毎朝校門であいさつ運動。「学校や学年の中心的存在。後輩からも慕われ、『気は優しくて力持ち』のとおりの人柄」(竹原史也顧問)という。
 陸上競技の魅力を「記録を伸ばすために練習メニューとかを考えて、実際に成果が出ること」と話す藤原君。「今まで練習してきたことを全部まとめれば、13メートル50〜60を出せるイメージはある」と全国大会で会心の一投を狙っている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年8月3日号(2335号) 1面 (10,993,275byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 自治会連合会が市議会定数削減を要望←あかさたな(10/12)
  • 山鹿素行のお話(11)後記←覆面居士(10/12)
  • 自治会連合会が市議会定数削減を要望←赤穂太郎(10/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中