忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

循環バス「ゆらのすけ」増便案公表

 2019年07月26日 
市内循環バス「ゆらのすけ」増便案
 赤穂市地域公共交通会議は23日に分科会を開催。車両2台で運行している市内循環バス「ゆらのすけ」を来年1月から1台増車し、5つある路線すべてを週3日運行とする増便案を了承した。8月6日の全体会で正式決定される。
 ゆらのすけの運行日数は現在、週3日の南北ルートBを除き、▽南北ルートA▽東西ルート▽高野ルート▽みどり団地ルートの4路線は週2日。増車により、全路線を週3日に増やす。一日の運行便数は現状の3往復を維持する。
 市の試算では、運行経費(年間ベース)は2018年度の1467万円(見込)から約400万円アップするとみられるが、全体の87%が国の特別交付税と県交付金の対象となるため、市の負担額は100万円程度増の約240万円となる見通しだ。
 ゆらのすけは、市内のバス交通不便地域の解消などを目的に2005年に導入。距離にかかわらず運賃100円(小学生以上)で利用できる。18年度の利用者数は2万2133人で4年連続で減少。一便当たりの利用者数は6・5人となっている。
 分科会では、市民からの要望がある尾崎、御崎、千鳥地区への、ゆらのすけ乗り入れについても協議したが、「国のガイドラインに基づき、路線バスと実質的に競合することのないようにしなければならないとの指導を陸運局から受けている」「路線バスの減便や廃止を招きかねず、かえって利便性が低下する恐れがある」などの理由で見送られた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年7月27日号(2334号) 1面 (11,568,091byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中