忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

坂越の三村武司君 空手道でインターハイへ

 2019年07月26日 
インターハイへ照準を合わせる三村武司君
 空手道の全国高校総体インターハイ(8月9〜12日、沖縄県名護市)に、坂越の三村武司君(16)=神戸科技2年=が男子団体組手に出場する。
 地元スポーツ少年団でボランティアコーチを務める父・崇仁さん(42)の影響で空手を始めた。中学生のとき、神戸科技の試合を見て、「かっこいい。自分もここで空手がしたい」と進学先に選んだ。朝6時台の電車で自宅から通学し、放課後の練習以外にも昼休みに階段ダッシュで足腰を鍛えるなど努力してきた。
 6月の県総体は強豪・兵庫工との決勝となり、中堅までの3人を終えて1−2の劣勢の中、副将で出番が回ってきた。開始10秒ほどで相手に上段突きで先取を許したものの、「まだ時間は十分にある」と気持ちを落ち着かせ、得意の中段蹴りで逆転勝ち。流れを引き戻した。続く大将戦も神戸科技が勝利を収め、インターハイへの切符を勝ち取った。
 「自分が負けたら終わり、というプレッシャーはあったが、開き直って勝負した。中学時代に一度対戦して敗れた相手だったので、勝ててうれしかった」と三村君。全国大会への出場は流派別の大会を除くと自身初めてで、「チームに勢いをつける役割を果たしたい」と意気込んでいる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年7月27日号(2334号) 4面 (11,568,091byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 自治会連合会が市議会定数削減を要望←あかさたな(10/12)
  • 山鹿素行のお話(11)後記←覆面居士(10/12)
  • 自治会連合会が市議会定数削減を要望←赤穂太郎(10/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中