忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

兄妹それぞれ少年野球の県選抜メンバー入り

 2019年07月27日 
大会での健闘を誓う川崎奨英君と愛紗さん
 女子小学生の野球チームが都道府県対抗で日本一を目指す「NPBガールズトーナメント2019(全日本女子学童軟式野球大会)」(8月2〜8日、松山市・坊っちゃんスタジアムなど)に加里屋の赤穂小6年の川崎愛紗さん(12)が兵庫県選抜の一員として出場する。
 また、兄の赤穂中3年、奨英君(14)は「第12回倉敷国際少年野球大会」(8月17〜19日、倉敷マスカットスタジアム)へ向けて兵庫西支部選抜に選ばれた。兄妹で健闘を誓っている。
 奨英君は小3から赤穂野球少年団に入団し、中学から硬式の「兵庫夢前ヤング」でプレー。強気のピッチングが持ち味の右腕でチームの主戦を任されている。愛紗さんは小2で同少年団に入り、右投げ左打ちの外野手。男子にも引けを取らない打力があり、クリーンアップを打つこともある。
 各都道府県予選の優勝チームまたは選抜チームが戦うガールズトーナメントは今年7回目で42チームが出場。倉敷国際は韓国、台湾の4チームを含む16チームが予選リーグと決勝トーナメントで優勝を争う。
 「海外のチームとの対戦が楽しみ。強打者にもひるまず投げたい」(奨英君)、「強い打球でヒットを打ちたい」(愛紗さん)と抱負。父の健二さん(49)は「一球一球を大事に」と懸命なプレーを期待している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年7月27日号(2334号) 4面 (11,568,091byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 期末・勤勉手当 総額7億超←ケン(12/11)
  • 期末・勤勉手当 総額7億超←中小企業の民間人(12/11)
  • 期末・勤勉手当 総額7億超←え?(12/11)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中