忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

女子高生3人組 まちパンフ第2号

 2019年07月20日 
「てくてくAKO」第2号を編集発行した女子高校生3人
 女子高校生3人組が地元でお気に入りのスポットや店舗を紹介するパンフレット「てくてくAKO」の第2号がこのほど完成。JR播州赤穂駅2階の観光案内所などで無料配布している。
 赤穂高校3年の亀井美希さん(18)、河野加奈実さん(16)、桶口真葵さん(16)の3人が昨冬の第1号に続いて編集発行した。新聞部での経験を活かし、御崎の人気ジェラート店や海水浴場に面したカフェ&民宿など4店舗を取材。市内で撮影した海や夕日などの風景写真を交えてパソコンでレイアウトを編集し、パステル調の色合いが美しいA5判12ページにまとめた。
 3人は昨年8月、地域活性化へ意欲的な高校生が3泊4日で合宿するワークショップ「若武者育成塾」(公益社団法人日本環境教育フォーラムなど主催)に参加。そこで得たアイデアと助成金10万円を基に若い女性層をターゲットに「てくてくAKO」を刊行した。今回はクラウドファンディングで資金を募り、目標の5万円を上回る9万2000円が集まった。
 「みなさんからの応援に励まされたおかげで発行することができました」と3人。パンフに掲載した写真はインスタグラムやフェイスブックなどSNSでも公開し、「これからも私たち目線で赤穂の好きなところを発信していきたい」と話している。
 「できるだけたくさんの人に手にとってほしい」と、パンフレットの設置スペースを提供してくれる施設や店舗を募集中。問い合わせは byjk.mikama@gmail.com まで。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年7月20日号(2333号) 1面 (9,976,627byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中