忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 子供
  3. 記事詳細

子どもを伸ばす「リフレーミング」

 2019年07月03日 
ペアトレについて学んだ研修会
 楽しく子育てするヒントを学ぶプログラム「ペアレントトレーニング」の研修会が1日、中広の赤穂市総合福祉会館であり、保護者やアフタースクール支援員など約45人が受講。子どもとの接し方や心の持ち方などについて考えを深めた。
 ペアトレは「親は自分の子どもに対する最良の療育者になれる」という考えをベースに1960年代にアメリカを中心に始まったプログラム。研修会は、普及啓発に取り組む「赤穂ペアトレ研究会」代表の望月博子さん(47)=木津=を講師に赤穂市地域活動連絡協議会が主催した。
 この日はプログラムの初歩として、子どものさまざまな行動をポジティブに捉える「リフレーミング」を中心に研修。「気が弱い」「さわがしい」「口が悪い」などといった「短所」とみられがちな行動を、「やさしい」「活発な」「率直」と「長所」として受け止めるように視点を変えるトレーニングを行った。
 「リフレーミングを取り入れて子どもと向き合えば、子育てのイライラが軽くなり、子どもへの愛情やメッセージが届きやすくなる」と望月さん。ほめ方のコツについても紹介し、「子どもの成長は一人一人さまざま。段階に応じて上手にほめることで自立心を育んで」と呼び掛けた。
 受講した保育士の女性は「成長の過程で出来たことを一つ一つほめることを実践したいと思いました」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年7月6日号(2331号) 4面 (10,906,640byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 子供 ]

コメント

どうしても子どもの悪いところばかり見えてきますよね。そこで"保護者が"見方を変えると、悪いと思ってたところがそうでもなかったり長所になったり. . .とはいってもそれが難しんですよね。

まあ焦らず急がずまいりましょう♪
投稿:平安貴族 2019年07月03日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《城南橋贈収賄事件》「市政の信頼回復に全力で」市長訓示←TenYou(09/17)
  • 入札情報の見返りに現金 容疑の市係長と土木会社社長逮捕←再発防止(09/17)
  • 市議会で19日と20日に一般質問←ダヴァンの父(09/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中