忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ子供
  3. 記事詳細

部活削減の赤穂中 高学年児童に入部希望調査へ

 2019年06月30日 
 生徒数と教員数の減少などを理由に柔道部など4クラブを2022年度までに廃部する計画の赤穂中学校は、今年度から校区内の小学生高学年児童を対象に入部希望種目のアンケート調査を今年度から実施し、部活動の種目変更の検討材料とする方針を決めた。
 同校によると、アンケートは4年生以上を対象に行い、廃止予定の種目や現在は同校の部活動に採用されていない種目も選択肢に含める。アンケートの結果、「希望児童数に継続して(増加あるいは減少の)変化が認められる場合」に種目変更を検討するという。実施時期や具体的な方法については今後に小学校側と調整する。
 同校は今年2月、▽女子バレーボール▽柔道▽水泳▽生活文化の4部活動を2022年度までに廃部する計画を発表。計画撤回を求める署名が提出され、同校が対応を検討していた。
 柔道部の存続を訴えて署名を集めた赤穂市柔道協会の池田正男会長は「復活への道筋がついた」と対応を評価。入潮賢和校長は「現時点で廃部計画に変更はない」とした上で、「今後も部活動のあり方についてしっかりと考えていきたい」と話している。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】「柔道部存続を」4601筆の署名提出


掲載紙面(PDF):
2019年7月6日号(2331号) 1面 (10,906,640byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

生徒、教師、の減少で部活を減らすというのはわかる気もします。でも、一度減らしてしまうと復活することはないのでしょうね。1校区で考えると人数が減っていくので、答えは部活を減らす。になりますが、これを2校区で、または、3校区でと言う発想をするとどうでしょうか?例えばですが、クラブ活動を西中と赤中、東中と坂中と有年中、で合同って考えると部活の種目を減らさずにできるんじゃないでしょうか?放課後にバスで各学校を回って生徒を移動させてあげるのも1手段かなと思います。いろいろとクリアーしないといけない問題はあると思いますが、いろんな角度から議論していただきたいです。(薩摩と長州が手を組んだように)
投稿:竜馬 2019年07月02日
そうです、赤中単体で解決できるものではないです。他中もこうなる/なっているのでしょうから、竜馬さんの言うように、他中も混じって全体で連携を目指したいですね。
投稿:合同部活 2019年07月03日
簡単に他校と合同ですれば良いと言うが、毎日どちらかの学校へ行き練習をするのか?
週に2回程度合同でやるのか?
仮に、合同練習の目途が立ったとして、
大会への出場は?
(仮)赤穂・赤穂西連合チーム として、連合参加の場合はオープン参加扱いになり、次の大会に繋がるのでしょうか?

保護者ではないので現在廃部が検討されている部活動の部員数がどれだけ居るのかは知りませんが、少子化だから廃部も仕方がないと個人的には思います。
投稿:合同で解決? 2019年07月03日
良いも悪いも、今の日本は「移動中に事故が遭ったらどうする」とか「部活以外の生徒とトラブルになったらどうする」「顧問はだれがなる」など試行錯誤する前に「いろいろ問題が起きそうなので止めます。だって何かあったら責任とらないといけないし、保護者、マスコミに言われるから」が蔓延している世の中です。
保護者、世の中が変わらない限り少子化、人口減少問題は解決しませんね。
投稿:理想だけでは・・ 2019年07月03日
この問題を赤中の校長先生だけに考えさせるのはもったいない。多かれ少なかれ他の学校でも問題であるはずだ。加えて、解決されれば教員の働き方の改革・子どもの身体能力の改善・住みやすいまちとしての魅力向上などの波及効果が望める。

生徒会、PTA、教員・校長、自治体、教育委員会、市役所・市長・市議など様々なレベルで話し考えて、連携してほしい。赤穂が住みたい/住みやすい/子育てしやすいまちかどうかはこういうところだと思う。

参考になりそうな取り組みを調べました↓。今までの学校単位の部活にこだわらず、部活は様々なあり方があっていい。まだまだ少ない先進的な取り組みであり、赤穂で実現すればメディアも取り上げてくれ話題になるはず。自治体間の補助金・支援金頼みの子育て支援競争で一歩抜きんでることは間違いない。

・他事例/スポーツ庁
https://sports.go.jp/tag/school/local-sport-club.html
・地域と/日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO29808510V20C18A4EA1000/
・アメリカ、イギリスでは/日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41441680Z10C19A2000000/
投稿:合同部活|良いまちづくりとは 2019年07月03日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中