忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 政治商業・経済
  3. 記事詳細

御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に

 2019年06月22日 
御崎地区の地域資源活用区域指定で地域活性化に期待を寄せる牟礼正稔市長
 御崎地区の魅力向上へ向けた土地利用推進を目的に、兵庫県は赤穂市からの申出を受け、同地区の市街化調整区域の一部について一定規模以下の宿泊施設や飲食店などを建築できる地域資源活用区域に指定。18日に告示した。市は「制度を活用して民間活力を誘致し、観光振興と地域活性化につなげたい」としている。
 瀬戸内海国立公園のエリアに位置する御崎地区は赤穂温泉や国名勝の田淵氏庭園、桜の名所などがあり、赤穂の主な観光地の一つ。一方、地区内の空き家率は5・90%(2016年調査)で、市内9地区で最も高い。その中には比較的大規模な建物や遊休地もあるが、市街化調整区域の建築制限によって利活用が進まない状況が続いていた。
 県の特別指定区域制度は2002年に創設され、赤穂市内では08年に地縁者の住宅に限り建築を許容する区域が指定された。4年前に対象が拡充されたのを受け、市は御崎地区の地域資源活用区域についてプランを作成。地元自治会への説明会や計画の縦覧を経て今年4月に県へ区域案を申し出た。土砂災害や高潮の災害想定区域と重なって指定が認められなかった一部の範囲を除き、ほぼ市の計画どおりに指定された。
 今回指定された区域は、御崎の温泉旅館街から東御崎展望台にかけての観光道路沿いに点在する合計約9・7ヘクタールで、▽一般型(3・7ヘクタール)▽観光拠点型(3・8ヘクタール)▽複合型(2・2ヘクタール)の3つのタイプがある。いずれも▽飲食店▽自家販売のパン家、菓子屋等▽ホテル、旅館▽公衆浴場▽アトリエ、工房▽赤穂市に関連する土産物販売店▽休憩所―の建築が可能で、一般型は延べ面積500平方メートル以下であることが条件。観光拠点型は宿泊施設と市内生産品の売場を常設する店舗に限り1500平方メートルまで認める。複合型は280平方メートル以下に制限されるが一戸建て住宅と飲食店などとの兼用住宅も建築できる。
 また、区域内に既存する建築物に限り、要件面積を超えて用途変更を認める特例も。例えば、企業の保養所だった建物をホテルに衣替えして営業することも可能になる。市によると、今回指定された区域には、かつて保養所だった建物が5軒ほどあるという。
 御崎地区では赤穂海浜公園と温泉街をつなぐ周遊ルート「あこう元禄“しお”回廊」を市が整備中で、今年3月に改定した「赤穂観光アクションプログラム」でも坂越地区と並んで観光振興対策の重点地域に位置付けられた。牟礼正稔市長は「宿泊施設や飲食店などが増えれば観光地としてのイメージアップと活性化につながる」と指定を歓迎。「交流人口の倍増と宿泊者数30万人以上を目指したい。成果によっては有年や高雄、福浦などへの導入も検討したい」と拡充も視野に入れた。
 区域内での建築や用途変更は市を通じて県に申請する。問い合わせは市都市整備課Tel43・6827(建築係)まで。
<前の記事

コメント

牟礼市長は、よい政策を引き継げてよかったですね。
運用を期待します。
投稿:なるほど 2019年06月22日
喜ばしいことですが。赤穂御崎ならでの歴史、景観と馴染む建築であることを切に願います。ド派手な配色はもってのほか、異国情緒が突然現れるのは品がないなあと。。京都のように配色にも制限を掛けていただきたいです。例えばきらきら坂は今は素敵ですが今後伊和都比売神社に非礼のない範囲の、歴史風土に合うデザインで収めて欲しいものです。外国かぶれでないほうがインバウンドにも価値をアピールできると思います。
投稿:温故知新。 2019年06月24日
 紙幅の都合で触れることができなかったのですが、地域資源活用区域は、屋根の形や壁の色などについて「環境整備方針」が設けられています。例えば、屋根については「切妻、寄棟または入母屋型の勾配屋根」で、「焦げ茶系、暗緑系、暗灰系、黒色」といった色彩を設定し、そうした「基準を満足するよう努めること」となっています。
投稿:赤穂民報 2019年06月24日
赤穂民報様
色彩や建築様式の内容も盛り込まれているのですね!
追記ありがとうございます。
投稿:温故知新。 2019年06月24日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←正論(11/19)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←nature(11/18)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←ユートピア(11/18)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中