忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

日本遺産から「まちの誇り」へ

 2019年06月10日 
日本遺産1周年を記念して開催された「北前船寄港地坂越浦まつり」の基調講演
 日本遺産追加認定1周年を記念して「北前船寄港地坂越浦まつり」が8日と9日に坂越の大避神社などで開かれ、式典とコンサートなどで祝った。
 初日は同神社境内で式典。約300人が来場し、獅子舞や餅まき、鏡開きで1周年を祝福した。2日目は坂越地区体育館でコンサートを開催し、地元中学生による和太鼓、大阪を拠点とする「日本民謡竹生会」の民謡が披露された。
 初日の基調講演では、北前船について詳しい小樽商科大学の高野宏康学術研究員が「北前船の歴史的意義と観光資源化、まちづくりへの活用」と題して講演した。
高野氏は日本遺産について、「歴史文化を観光振興や地域活性に結びつけるもの」と制度の目的を説明。今後の課題として「各地にある北前船寄港地の中で坂越の特徴と意義をどう位置付け、『まちの誇り』としていくか」などを挙げ、「外貨と雇用を獲得できる滞在交流型の観光地となるには、歴史的価値のある文化財の活用が必要。坂越には他にない文化財がある」と地域活性化の展開を呼び掛けた。
 主催した「坂越のまち並みを創る会」の門田守弘会長は「日本遺産に認定されただけでは意味がない。市民も行政も一体となって努力する必要があると感じた」と語った。
<前の記事

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 京アニ放火事件 武本康弘さんの死亡を公表←ヒロリン♂(08/13)
  • 城南野球場スコアボード LED改修竣工←元少年野球選手(08/12)
  • 京アニ放火事件 武本康弘さんの死亡を公表←アニメ好き(08/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中