忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

国展写真部で初の奨励賞

 2019年06月08日 
佐々木英明さんの受賞作「エピローグ」
 国内最大級の美術公募展「第93回国展」(国画会主催)で、加里屋で「フォト工房シー&スター」を経営する佐々木英明さん(53)=姫路市飾磨区=が写真部奨励賞。自身初の入賞を果たした。
 受賞作のモチーフは、うち捨てられた白いビニール袋。昨年11月下旬、被写体を求めて街中を歩いていたとき、赤穂城の堀に浮かんでいるのを見つけ、シャッターを切った。薄汚れ、しわがついた袋に寄り添う落ち葉が悲哀感を引き立てている。「エピローグ」とタイトルをつけて応募した。
 国展は42歳の初応募から昨年まで10年連続で入選。3年前から「捨てられたものの『声なき声』がアートにならないか」と漂着物やごみを主題とした作品に取り組んでいる。
 「すぐれた写真家たちの作品には名画にも引けをとらないインパクトがある」と写真の魅力を語る佐々木さん。「自分も経験を重ねて、50年後、100年後に見た人が共感してもらえるような写真を撮りたい」と話す。
 佐々木さんの受賞作は国展大阪展(6月11〜16日、大阪市立美術館)で展示される。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年6月8日号(2328号) 4面 (9,171,964byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 京アニ放火事件 武本康弘さんの死亡を公表←ヒロリン♂(08/13)
  • 城南野球場スコアボード LED改修竣工←元少年野球選手(08/12)
  • 京アニ放火事件 武本康弘さんの死亡を公表←アニメ好き(08/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中