忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

赤穂の昔話「亀の恩返し(下)」

 2019年05月25日 
 
 足元の泥をのけてみると、そこに一匹の亀がいました。亀は泥にまみれて、もがき苦しんでいたのです。
 「よっしゃ、よっしゃ。じっとしとけよ。今すぐに助けたるからな。じっとしとけよ」
 お百姓さんは、手に持っていた苗を置いて、亀を抱きあげ、千種川の水で洗ってやりました。
 「もう泥田に入るんじゃないぞ。はよう元気になれよ」
 と、亀に語りかけ、放してやりました。亀は両手・両足をバタバタと動かし、まるで喜んでいるように泳いでいったそうです。亀の姿が見えなくなると、お百姓さんは、また田にもどって苗の植えかえに精を出しました。
 次の年も、その次の年も、楢原は洪水にみまわれました。でも、いつもと少し違うことがありました。上流から押し流されてくる土が、それまでとは違い、とても肥えた豊かな土であったのです。そこに植えた稲は、今までの倍以上の実がつきました。洪水が運んでくる土のおかげで、楢原は豊作が続き、お百姓さんたちの生活は年々豊かになっていきました。
 そのうち、誰となく
 「亀を助けたからとちがうか」
 「亀の恩返しやで」
と、口ぐちに言い出しました。そして、亀を放してやった場所を「放亀(ほうき)」と呼ぶようになったということです。(赤穂市教育委員会刊『赤穂の昔話 第一集』・「放亀の地名」より)=切り絵・村杉創夢
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年5月25日号(2326号) 3面 (11,961,567byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 京アニ放火事件 武本康弘さんの死亡を公表←ヒロリン♂(08/13)
  • 城南野球場スコアボード LED改修竣工←元少年野球選手(08/12)
  • 京アニ放火事件 武本康弘さんの死亡を公表←アニメ好き(08/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中