忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

稀少な忠臣蔵浮世絵など150点寄贈

 2019年04月27日 
関達也氏から寄贈された忠臣蔵浮世絵の一つ「歌川国芳 団扇絵『庭の月(七段目大星力弥)』
 忠臣蔵浮世絵コレクションで国内最大級を誇る上仮屋の赤穂市立歴史博物館は、地元出身の赤穂観光大使、関達也氏(72)=岡山市=から忠臣蔵の浮世絵や摺物など約150点を受贈。4月27日(土)からの特集展示で寄贈品のほぼ全点を公開する。
 寄贈された作品は三代目歌川豊国、歌川国芳といった幕末の江戸を代表する浮世絵師によるものや江戸後期に上方で出版された摺物などで、ほぼすべてが同館がこれまで所蔵していなかったもの。国芳が仮名手本忠臣蔵七段目を題材に描いた団扇絵は海外の浮世絵データベースを含めても他に所蔵が確認できず、「大変稀少で貴重」(同館)だという。
 御崎生まれの関氏は御崎小から淳心学院中・高を経て京都大学理学部で地質学を専攻。岡山理科大学名誉教授で2010年から赤穂観光大使を引き受けた。「観光大使として、ふるさとへの恩返しになれば」と14年以降、浮世絵を取り扱う古書店からめずらしい作品を買い付けては同館へ寄贈してきた。
 「もともと忠臣蔵は映画やドラマを見る程度で、浮世絵にはまったく興味はなかった」と関氏。数年前に同館の図録などを見て忠臣蔵浮世絵に関心を持ったのをきっかけに研究を始め、今では「赤穂市所蔵の作品がすべて頭に入っているのではないかと思うくらいの知識量で、しかも正確」(同館・木曽こころ係長)という。
 木曽係長は「おかげで当館の忠臣蔵浮世絵コレクションがさらに充実した。保存状態も良好なので、この機会に精微な彫りや摺りを鑑賞してほしい」。関氏は「ふるさとのみなさんにご覧いただければうれしい」と話している。
 7月30日(火)まで2階展示室で午前9時〜午後5時。水曜休館(5月1日は開館、7日は休館)。入館料200円(小・中学生100円)。Tel43・4600。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年4月27日号(2323号) 1面 (16,796,640byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中