忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

まちの魅力アップ 高校生目線で提言

 2019年04月23日 
フィールドワークによる提言レポートを赤穂市に提出した赤穂高校生徒会
 「ふるさとの魅力再発見」をテーマに赤穂市内の観光ルートを実地調査した赤穂高校生徒会が課題と改善策をまとめた提言書「赤穂まちあるき計画」を23日に牟礼正稔市長へ提出した。
 「高校生の視点で、赤穂市の明るい未来についてのあり方を考察し、提案する」ことを念頭に役員有志7人でフィールドワークを計画。今年2月、赤穂市のスマホ向け公式観光アプリ「赤穂まちあるき」を使って市内を巡り、気付いたことをベースにレポートを作成した。
 提言書はA4判17ページ。「名所へアクセスするための駐車場がわかりにくい箇所が何か所かある」「(調査日に)外国人観光客を一人もみかけなかった」など実際に自分たちの目で見て感じた課題に対し、「統一規格の看板を各所に設置しては」「姫路市と連携した観光プランで集客を」といった改善策を記載。キャッシュレス決済の普及が予測される中、購買行動データを把握できれば「より効果的に経済に刺激を与える政策立案が可能」とし、店舗との協力を呼び掛けるなど6項目の提案を盛り込んだ。
 アプリの機能性向上についてもアイデアが付記されており、受け取った牟礼市長は「若い人たちの視点は大切。すぐにでも参考にしたい」と評価。生徒会長の池上連君(17)=3年=は「僕たちの活動成果をしっかりと伝えることができた」と話した。
 同校は今後、定時制とも連携し、地域活性化への取り組みを深めていく予定という。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】まちあるきアプリにお得なクーポン


掲載紙面(PDF):
2019年4月27日号(2323号) 4面 (16,796,640byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

高校生?と思うような鋭い指摘で、若い人の視点は大切ですね。

なにより現場を回ったの(フィールドワーク)が好評価です。お疲れ様でした。

そして市長、少しずつ変えていきましょう!
投稿:アプリ、あったんだ 2019年04月23日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「突然鹿が…」ドライブレコーダーに衝突の瞬間←エクリン(05/24)
  • 「突然鹿が…」ドライブレコーダーに衝突の瞬間←板金60万コース(05/24)
  • 「突然鹿が…」ドライブレコーダーに衝突の瞬間←ほんとに(05/24)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中