忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会スポーツ
  3. 記事詳細

ユニフォームに「赤穂市」関福大とスポーツ協定

 2019年04月10日 
市名・市章入りユニフォームも披露された赤穂市と関西福祉大学のスポーツ振興パートナーシップ協定調印式
 赤穂市と関西福祉大学は10日、スポーツ振興を通して相互発展を図ろうとパートナーシップ協定を結んだ。
 今後は協定に基づき、同大学の体育会クラブが競技指導や合同練習で市内の子どもたちと交流。一部のクラブが赤穂市の市名と市章が入ったユニフォームで公式戦に出場するなど連携を進める。
 同大は、体育系では剣道、硬式野球、陸上などを「指定強化クラブ」とし、特待生制度を設けて文武両道を推進している。サッカー部が今季から関西1部に昇格したのをはじめ、男女のバレーボール部も進境が著しい。
 協定では、指定強化クラブの指導者や部員が市内の保育所や幼稚園、小・中学校を訪問して園児との交流や児童・生徒への技術指導を行う。双方のスポーツ施設・設備の相互利用、市体育協会や所属団体などが主催するスポーツ大会への学生参加を進めるほか、市役所や市民総合体育館などに同大学の情報発信ブースを設け、写真やポスターなどで体育会クラブの活躍ぶりを広める。
 市名・市章のユニフォーム表示は、競技団体がスポンサー表示を認めているサッカー部と男女バレーボール部の3クラブで今シーズンから始める。大学関係者によると、「市や町の自治体名をユニフォームに表示することは大学スポーツ界では珍しい」という。
 調印式では、胸や袖に「赤穂市」の文字や市章が入ったユニフォームを各部の主将らが着用して披露した。加藤明学長は「郷土への誇りや愛着につなげてほしい」と語り、牟礼正稔市長は「みなさんの活躍で『大学があるまち』として赤穂市を広めて」と期待した。
 今春入学して女子バレーボール部に入部した教育学部保健教育学科1年の安達友理さん(18)は「早くユニフォームを着て試合に出られるように頑張る」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年4月13日号(2321号) 1面 (5,016,304byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

応援してます、ファイト!
投稿:まさにwin-win 2019年04月10日
小さな町ならではの発想ですね!赤穂を広めてください。
投稿:小さな 2019年04月11日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中