忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

《高野産廃》緊急マニュアル 通報以外に具体策なし

 2019年04月06日 
高野地区安定型産業廃棄物最終処分場における緊急事態対応マニュアルの主な内容
 高野の安定型産業廃棄物最終処分場を運営する事業者が赤穂市との環境保全協定に基づいて提出した緊急事態対応マニュアルの内容がわかった。
 協定では、「緊急事態」について、(1)処分場の周辺環境の変化が発生、または発生する恐れが確認(2)許可を受けた以外の産業廃棄物を処分場に搬入(3)市または事業者が行う水質検査結果が管理目標値を超えていることを確認(4)市が操業の停止が必要と判断―の4つのケースを想定。事業者は市と協議した上で、それぞれのケースごとに対応マニュアルを定めるよう求めている。
 マニュアルには、緊急事態が発生した場合の共通の対応として、▽操業の停止▽県、市への連絡―を行うとあり、現場作業員から施設管理者を経由して県と市の担当課へ通報するチャート図を記載。その上で、緊急事態ごとの対応として「原因を解明し対策を講じる」「処分場から許可品目以外の廃棄物を撤去する」などとしている。管理目標値を超えた水の流出防止や許可品目以外の廃棄物撤去といった具体的な手順や方法には触れられていない。
 マニュアルはA4判2ページ。3月1日から事業者と市が策定に向けて協議を開始し、同月14日に事業者から赤穂市長宛てに提出された。
 市は「今後必要に応じてマニュアルの追加、変更はあり得るが、今のところ想定している緊急事態へ対応する体制は整えてもらえたと考えている」(環境課)と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年4月6日号(2320号) 3面 (7,451,634byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 坂越地区 ]  [ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中