忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 創作昔話
  3. 記事詳細

創作昔話・仮屋の仏さま(七)

 2019年03月30日 
 
 あるとき、大雨が降り、この河原が水浸しになったので、人々は近くの雄鷹山のふもとに祠を作り、そこへ仏様をお移ししました。
 あのお坊さんは、えらい大師様に違いない。そこで、この山のことを、いつしか、お大師山と呼ぶようになったのです。
 お坊さんが住んでいた仮屋は、いつの間にか朽ち果ててしまい、何も残っていません。村人たちは、「仮屋の仏さま」があったところとして、このあたりのことを「仮屋」と呼ぶようになったということです。 今では、同じ「かりや」でも、字の違う、「加里屋」という地名になり残っています。また「上仮屋」という地名は、そのまま残っています。あのお坊さんは誰だったのか、今では、わかりません。仮屋の仏さまも、今では、どこにあるのかもわからないのです。今も残っているのは、「かりや」という地名だけになりました。おしまい。(作・切り絵=村杉創夢)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年3月30日号(2319号) 2面 (5,787,234byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中