忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ子供
  3. 記事詳細

赤穂柔道スポーツ少年団が50周年祝う

 2019年03月24日 
赤穂柔道スポーツ少年団50周年記念大会で選手宣誓する山本由聖君
 半世紀の歴史を誇る赤穂柔道スポーツ少年団の50周年記念行事が24日、加里屋の新町武道館であり、式典と記念大会などで節目を祝った。
 市体育協会の記録によると、1968年に市柔道協会の有志らが柔道を通じた少年の健全育成を目指し、新町武道館で練習を開始。2年後の少年団結成に結びついた。72年には県小学生大会で優勝。OBの数は約200人を数え、今年度は幼稚園と小学生の34人が活動した。
 記念大会には市内の少年団と柔道教室からも出場。自身も卒団生の山本有佐子(あさこ)後援会長が「柔道は相手がいるから自分も一緒に強くなれる。きょうは力いっぱい頑張っている姿を見せてください」と励ました。選手を代表して山本由聖君(12)が「今まで少年団を守ってきてくれた方々の思いを大事にして、この大会に精一杯力を尽くすことを誓います」と宣誓。学年別トーナメント12部門で熱戦を繰り広げた。
 この日は来賓、指導員と団員、保護者など約120人が参加した。指導員としての長年の功績を称え、馬場猪虎雄さんと山口雅弘さんに感謝状を贈呈。東光洋団長は「50年もの長い間続いたのは、協力してくれたみなさんのおかげ。これからも指導者一同頑張っていきたい」と語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年3月30日号(2319号) 3面 (5,787,234byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

赤穂中学校柔道部と発展的統合すれば、柔道続けられる?
投稿:三四郎 2019年03月26日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 期末・勤勉手当 総額7億超←赤穂人(12/12)
  • 期末・勤勉手当 総額7億超←中小の浪士(12/12)
  • 期末・勤勉手当 総額7億超←中小の浪士(12/11)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中