忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

県文化財の恵比寿大黒舞、面の完成祝う

 2019年03月17日 
恵比寿面と大黒面の完成披露会
 「赤穂宝専寺恵比寿大黒舞保存会」は16日、舞に使用する恵比寿面と大黒面の写し(複製)の完成披露会を尾崎の宝専寺で開催。舞を披露して完成を祝った。
 恵比寿大黒舞は宝専寺で江戸中期ごろから始まったと伝えられ、大正以降に廃れかかっていたのを唯一の伝承者だった藤本茂吉氏によって復興。1968年に保存会が発足し、72年に県無形民俗文化財に指定された。
 行事や祝席で舞を披露するとき以外は面を持ち出せない決まりがあり、保存会の練習はこれまで面をつけずに行っていた。面をつけて舞うときの首の角度など細かい伝承が難しく、「稽古にも使える面を作ろう」と発案。能面制作歴約10年の大矢根文一さん(78)=清水町=の監修で山本俊郎会長(75)と会員の小川剛さん(28)が昨年2月から面打ちに取りかかり、約1年がかりで完成させた。
 この日は境内に集まった観客約150人を前に恵比寿舞、大黒舞の順に上演。恵比寿さんが観客と釣り竿を引き合ったり、大黒さんが打ち出の小槌を観客の頭にかざしたり、それぞれの見せ場で盛り上がった。
 保存会メンバーが指導する尾崎小学校の「恵比寿大黒舞クラブ」の子どもたち9人も衣装を着けて参加。大人の後ろで共演した。3年生から4年間クラブで活動した部長の北條凜玖君(12)=6年=は「大勢の人で緊張した。クラブの活動はこれが最後になるけど、大人になったらまたやってみようかな」。
 山本会長は「たくさんの人が来てくれたことが何よりの励み。これからも地域ぐるみで子や孫に伝統を継承していきたい」と抱負を語った。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】恵比寿面と大黒面 保存会が手作り


掲載紙面(PDF):
2019年3月23日号(2318号) 4面 (9,504,731byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←赤穂民報(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中