忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

姫路市美術展 橋本正史さん市長賞

 2019年03月11日 
 第73回姫路市美術展は9日、姫路市立美術館で開幕。大津の橋本正史さん(70)が絵画(日本画)の部で最高賞の姫路市長賞に輝くなど、赤穂市から5部門10人が入賞、入選した。
 橋本さんは浄瑠璃寺(京都府木津川市)の国宝・九体阿弥陀如来を題材に描いた「浄瑠璃寺夕影」を出品。審査員から「日本的なイメージを繊細な階調表現」でまとめたと評価された。
 7部門に計680点の応募があり、入賞・入選は206点。3月24日(日)まで午前10時〜午後5時。月曜休館。赤穂市関係分の入賞・入選は次のとおり。敬称略。
 ▽姫路市長賞=橋本正史(絵画・日本画)
 ▽姫路市立美術館賞=額田喜美子(デザイン)
 ▽姫路市文化国際交流財団賞=西山昭子(写真)
 ▽姫路商工会議所会頭賞=石井加代子(書)
 ▽入選=宇田川悦子(絵画・日本画)清水美栄子、米谷勝利(絵画・洋画等)妹岡実、永田順子、門光廣(写真)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年3月16日号(2317号) 4面 (11,079,937byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民市民(03/21)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民さん(03/20)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民(03/20)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中