忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

牟礼市長が初の施政方針演説

 2019年03月04日 
就任初年度の施政方針を述べる牟礼正稔市長=右は瓢敏雄議長、左は柳生信・議会事務局長
 牟礼正稔市長は4日、市議会第1回定例会で市長就任後初の施政方針演説を行った。
 「職員と一丸となって、市民の皆様に寄り添った政策の実現にチャレンジしていく」と基本姿勢を示し、「平成の時代が終わり、新しい元号を迎える。夢と希望にあふれた魅力ある赤穂の新しい幕開けとなるよう、粉骨砕身取り組んでいく」と決意表明した。
 牟礼氏は、県職員当時の経歴に触れた上で、「一人ひとりの声を聴き、従来のルールに縛られず、その方策を一緒に考える中で、そこに住む人々の力こそが、まちづくりの一番の原動力であると確信している」と政治理念を語った。
 市総合計画に掲げられている▽安全・安心に生活できるまち▽自然と共生する住みよいまち▽産業と交流が盛んな活力のあるまち▽生涯にわたり夢を育むまち▽市民と行政がともに歩むまち−の5本柱に沿い、主要施策を列挙。▽第3子以降の学校給食費無償化▽市内循環バス「ゆらのすけ」の完全週3日運行▽市民と膝を突き合わせて対話できる機会の積極的設置−など、選挙で公約に掲げた政策に関するものも盛り込まれた。
 一方、山陽道赤穂インター周辺の土地利用については、「地元の意向も踏まえながら今後検討していく」との表現にとどまった。また、選挙中は「断固反対」を明言していた市内の産業廃棄物最終処分場建設計画については、「建設反対赤穂市民の会の活動を支援できるよう取り組んでいく」としたものの、計画に対しては「その動向を注視」と後退したともとれる表現となった。
 傍聴席には約40人が訪れ、およそ40分間にわたった演説に耳を傾けた。産廃処分場問題に関心があり、市議会を初めて傍聴したという男性は「短かったが、産廃について触れられていたので安心した。全体的には前市長からの踏襲だったようにも感じたが、任期中に自分の色を出していってもらえるものと期待している」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年3月16日号(2317号) 1面 (11,079,937byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]

コメント

市長の立場になっても「断固反対」と言ってほしかった。
投稿:産廃処分場建設計画に反対の一市民 2019年03月04日
これは納得出来ない。これでは前市長と言ってる事は全く同じだ。市長になったからこそ、選挙中以上に反対の意思を明確にしないといけないのではないですか?当選するためには何でも言うのであれば、有権者、支持者をだましたことになりますよ。まさか、だまされた方が悪いとは言わないと思いますが。
投稿:産廃反対の赤穂市民 2019年03月04日
言ってることが前市長と同じでも、やってることは違うと思う。
予算もとってるし、産廃に反対する会と懇談会もしてるみたい。
今後も、ちゃんと反対の姿勢を保ってくれて、行動に移してくれれば私は全く文句はないよ。
投稿:産廃反対の市民の一人 2019年03月04日
同じではないと思う。早速具体的に行動に移してくれている。言葉だけではなく行動こそ意味があるのでは。市民も一人一人何が出来るか考え、行動していくことが必要ですね。
投稿:産廃反対 2019年03月04日
所信表明としてはこんなもんかな。難もなく可もなく。選挙前公約についても100%とは言わないが、意識された内容だった。今後の動向で、本気度とお手並み拝見と言ったところ。ただ、変化を求めた市民の本気度も試されるのではないか。まるなげでは、市民も無責任というもの。産廃については、産廃処分場建設反対赤穂市民の会(市民の会)に30万円の人件費支援金を付けている。前市長は、口先だったけれど、これは、期待に値する。しかし、市民の会は、これまで以上に「市民に責任を果たす見える運動と取って返して産廃計画業者に明確に反対表示する運動」が求められる。特に、市民の会役員の本気度と奮起が求められる。
投稿:一市民 2019年03月05日
なぜなんだ?
産廃は市長になったとたんトーンダウン
産廃は絶対反対してください、期待しています

山陽赤穂インター周辺の土地の活用についても
道の駅など積極的に活用を考えるとか
具体的なことが欲しかった
ぜひ頑張って欲しい
投稿:産廃はいらない 2019年03月05日
まあまあ、これからヨクヨク吟味なされるのでしょうね。
信条は、お変わり無いって思ってます。
よりよい赤穂のために、未来を担う子どもたちのために!直ぐには進まなくとも、お励みくださいます様、願っております。
投稿:まあまあ. 2019年03月05日
産廃処分場計画について
 選挙前 「断固反対」
 選挙後 「その動向を注視」
なんなん、○○も方便ってこと???
投稿:公約ってなに 2019年03月07日
これからですね。市民の会へ支援をしようと努力しているのは予算編成をみても明確。市長や市民の会だけじゃなくて市民皆が考えていかないとと思う。
投稿:何もかも 2019年03月09日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民市民(03/21)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民さん(03/20)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民(03/20)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中