忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

朝日町の洋画家、山崎由佳さんに赤艸社賞

 2019年03月01日 
第一線で活躍する女性洋画家を顕彰する「赤艸社賞」を受賞した山崎由佳さん=兵庫県芸術文化協会提供
 公益財団法人兵庫県芸術文化協会は2月28日、第一線で活躍する女性洋画家を顕彰する「赤艸社賞」を朝日町の山崎由佳さん(75)に贈った。
 山崎さんは龍野市(現たつの市)生まれ。神戸大学教育学部美術科に在学中だった1964年に上野省策教授のすすめで自由美術協会に出品して入選。今日まで毎年出品を継続する一方、グループ展も精力的にこなしている。2012年には姫路文化賞を受賞した。
 父の死を受けて2002年以降、「結界」にテーマを絞ったという山崎さん。同協会は受賞決定理由について、「おそらく『死』を根底に見据えた作者の深い内省的な硬質の思念、想念が伝わってくる」「長い画業の積み重ねと確立した画風を持つ優れた美術家」と発表した。
 山崎さんは、「絵を描くことは私にとって『生きる手がかり』。 これからも変わらず絵に向き合っていく」と語った。
 赤艸社賞は故・亀高文子氏(兵庫県文化賞受賞者)の遺族からの寄付をもとに、女性洋画家を対象に1992年度に創設。同女史が創立した「赤艸社女子洋画研究所」にちなんで名づけられた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年3月2日号(2316号) 1面 (10,873,632byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

お恥ずかしいことではありますが、御存じあげていませんでした。
山崎さま、ほんとうにおめでとうございます。
一度、作品を見せていただきたく、いい機会を作ってください。
ご期待申し上げます。
投稿:市民のひとり 2019年03月01日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中