忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ商業・経済
  3. 記事詳細

貴景勝関に化粧まわし贈呈 赤穂化成

 2019年02月21日 
貴景勝関に化粧まわしを贈呈した赤穂化成の池上良成社長。左は三井物産の上野佐有・執行役員ベーシックマテリアルズ本部長=三井物産広報部提供
 天日塩を原料に「赤穂の天塩」を製造する赤穂化成(池上良成社長)は21日、大相撲の関脇・貴景勝関に化粧まわしを贈呈した。
 同社は3月10日に始まる春場所の土俵を清めるまき塩として「赤穂の天塩」を無償提供する予定で、「大相撲と貴景勝関への支援を通してブランド認知度を高めたい」としている。
 22歳の貴景勝関は昨年11月の九州場所で幕内初優勝を遂げ、先月の初場所は関脇で11勝。春場所に大関昇進がかかる。「兵庫出身で、ファンへの感謝の気持ちを忘れず、謙虚な姿勢で相撲に取り組んでいる姿に共感した」(池上社長)と支援を決めた。
 贈呈した化粧まわしは銀色を基調とし、日の丸をイメージした「赤穂の天塩」のシンボルマークを中央に配置。同社に天日塩を供給する三井物産と共同で作った。
 三井物産本店(東京都千代田区)で行われた贈呈式で、池上社長は「日の丸は力の源である太陽を表す。銀色は『内なる力を発揮する色』です」などと意匠に込めた思いを披露。「国技である大相撲の繁栄を担う関取として精進し、さらなる活躍を」と激励の言葉を贈った。貴景勝関は「化粧まわしのパワーを借りて良い結果を残したい」と土俵での活躍を誓った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年2月23日号(2315号) 1面 (7,110,968byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

前々から相撲を見ていて 土俵の清め塩 は、何処の塩なのだろう?赤穂の塩を使って
頂ければ良いのに…と思っていたのですが、それが実現するとは…嬉しい限りです。
また貴景勝関は、まだ若く横綱への道も期待されているので、今後も赤穂化成さんには
ぜひ継続して応援してあげて頂きたいと思います。赤穂ロケのCMも、ぜひ御願いしたい
ところです。大避神社と生島の前でデカイおにぎりと天塩を持って土俵入り…なんてのは
どうでしょうか?
投稿:ヒロリン♂ 2019年02月22日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中