忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

郷土芸能に拍手喝采 ひょうご民俗芸能祭

 2019年02月17日 
赤穂で7年ぶりに開催された「ひょうご民俗芸能祭」
 県下各地の伝統芸能を集めた祭典「ひょうご民俗芸能祭in赤穂」が17日、中広の市文化会館ハーモニーホールであり、播州音頭やデカンショ節、地元の赤穂濱鋤き唄、恵比寿大黒舞などが多彩に上演された。
 播磨町の民舞碧月会は千姫を歌った曲に合わせて舞踊「白鷺の城ものがたり」をあでやかに披露。丹波市の春日戦国太鼓保存会は戦国武将、赤井直正の武功を描いた組曲「丹波の赤鬼」を勇壮に叩いた。
 赤穂では7年ぶりの開催で、地元からは赤穂塩濱音頭保存会、坂越盆踊り保存会など6団体が出演した。天和獅子舞保存会は獅子が唐子を追って山形はしごを登る「ハシゴ」で拍手喝采を浴びた。
 塩田作業の動作を振り付けた舞踊を伝承する「塩屋たてくわ踊り保存会」は会員10人が赤い法被にうちわを持って演舞。眞殿二充会長(83)は「練習通りに踊れた。踊りを引き継いでくれる人を探すのが課題なので、こうした機会に関心を持つ人が現れてくれれば」と話した。
<前の記事

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民市民(03/21)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民さん(03/20)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民(03/20)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中