忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. ボランティア街ネタ
  3. 記事詳細

御崎に「保護猫カフェ」里親とのマッチングも

 2019年02月16日 
保護猫の居場所づくりと里親マッチングにも取り組む「御崎カフェ&海ねこルーム」
 飼い主のいない猫の居場所づくりと里親探しを目的に一昨年に御崎で開設された保護猫カフェが「御崎カフェ&海ねこルーム」として移転オープン。新たな環境で営業を再開した。
 同店は「これからも保護猫と猫を飼いたい人をつなぐスタイルを大切にして運営していきたい」と話している。
 「殺処分をゼロにしたい」という強い思いを持ったオーナーがクラウドファンディングで資金調達して2017年5月にオープン。飼い主不在でこのままだと殺処分になってしまう猫を保護して運営してきた。里親希望の利用者があれば、一定期間預けて相性を見極めた上で譲渡。これまでに10匹をマッチングできたという。
 「大石名残の松」の近くにあった旧店舗での営業を昨年末で終了し、約100メートル北西の「御崎カフェ」へ移転。先月10日に再開した。1階がカフェ、2階がソファーやこたつを置いた「海ねこルーム」。現在は黒猫の「つき」、キジトラの「おもち」など3〜4歳の雄4匹が来店者を出迎える。店長の濱本昌子さんは「居心地の良い空間で猫たちとゆっくり過ごしてもらえれば」と話している。
 木曜から日曜の午前11時〜午後5時にオープン。今月から金、土のみ「夜カフェ」(午後7時〜10時半、ただし猫との触れあいは10時まで)を始めた。飲み物付きで1時間1000円、3時間1500円など。Tel42・5220。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年2月16日号(2314号) 1面 (12,136,727byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中