忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関福大リレーコラム・学校教育はどのように変わるのか、変えなければいけないのか

 2019年02月16日 
 2020年から学校教育は変わります。スムーズに移行できるよう、今年度から幼稚園、小、中、高校は準備に入ります。学校教育はその指針となる学習指導要領を10年ごとに見直します。
 子どもたちの心身の発達加速現象、科学技術等の発達による知識爆発、国境を越えて人も、金も技術も交流する国際化等々、世の中の進展に伴い、学校に期待される要求や内容も変化し、増大します。そこでこれからの新たな10年間に向けてのビジョンを打ち出し、学校教育を変えていくわけです。
 学習指導要領は教科書のもとともいえるものです。5、6年の英語活動だけでなく、道徳も教科になります。教科書の内容も、算数科ならデータの活用が入ったり、国語科では言葉のよさとともに、語彙を増やすことの大切さなどが強調されます。
 先生方にとっては、何よりも指導の結果、つまり、結果としての子どもたちの育ちの姿が重視されます。これからの時代に求められる資質・能力が身についたかどうかが問われるのです。具体的には、単なる分かる(知識)、できる(技能)ではなく、それを問題解決に使いこなす力がついたかどうかです。例えば次のような問題ができるようになることです。
 「100キログラムの人が20%やせる薬を飲んだら80キログラムになりました。でも急激にやせてみんなが心配するので、20%太る薬を飲みました。体重はもとに戻るでしょうか。わけもいいましょう」
 5年の割合の問題ですが、もとになる量から見るという見方・考え方ができていれば大丈夫、できていなければこれを機会に学べばいいのです。このように少し背伸びをして粘り強く取り組んだら、解けた、できた、分かったの手応えが、意欲的に人生を生き抜く力となります。このような育ちの姿を実現するための展開のあり方が、以前に執筆した「主体的・対話的で深い学び」なのです。(加藤明学長)
 * * *
 今回は予定を変更して掲載しました。次回は教育学部児童教育学科の大山摩希子教授のコラムです。お楽しみに!
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年2月16日号(2314号) 3面 (12,136,727byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中