忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

義士祭に8万人 高橋英樹さんが勝ちどき

 2018年12月14日 
高橋英樹さん演じる内蔵助の勝ちどきで締めくくった第115回赤穂義士祭
 四十七士が吉良邸へ討ち入った日にちなみ、「第115回赤穂義士祭」が14日に行われ、総勢約900人の「忠臣蔵パレード」が師走の城下町を彩った。
 メーンの義士行列には俳優の高橋英樹さん(74)が大石内蔵助役で特別出演。約8万人(主催者発表)の見物客が祭りを楽しんだ。
 パレードは上仮屋の赤穂城大手門前から特設観覧席がある加里屋の「息継ぎ井戸」まで約1キロのコース。参勤交代をイメージした大名行列、子ども義士行列、忠臣蔵名場面を再現した山車などが続き、この日がお披露目となった第34代赤穂義士娘の2人はお姫様姿で人力車に乗って沿道に笑顔を振りまいた。
 義士行列は高橋さんが打ち鳴らす陣太鼓の合図で一歩ずつ前進。観覧席前に勢揃いして「エイ、エイ、オー」と勇壮に勝どきを上げた。高橋さんは「忠臣蔵は日本の文化。(義士行列の内蔵助役は)一度はやってみたかった」と多忙なスケジュールの中、オファーを引き受けた理由を話し、観客からの盛んな声援に満面の笑みで応えた。
 義士行列には姉妹都市の豪・ロッキングハム市から来穂したバリー・サメルズ市長も間瀬久太夫役で出演。「とても誇らしく光栄。長く続く伝統の重みを感じた」と真剣な表情で役を演じた。
<前の記事

コメント

昨日の義士祭に行っていましたが松平健さんが来た時より

も人が多く感じにぎわっておりました。

ただ、お城通りの屋台が少ない。特にみなと銀行から駅ま

での間。昨年より見た感じ3割ほどは減っていないか。

私も幼い時に屋台が楽しみで行っていたものだがなんだか

年々さみしくなっている。

もう少し屋台を増やしてはいかがなものか。

出す場所もあるのに抽選で外れて商売ができないとも聞く。

もう少しにぎやかしていただければと思う。
投稿:寂しいなぁ 2018年12月15日
約20年ぶり(中学生時代)に義士祭に行った感想は淋しくなったです。
ファミマ中洲店〜ファミマ中広店の間の通りの見物客の少なさ。出てる人が可愛そうなぐらい人が居ない。
出発地点(お城)と屋台のあるお城通り、息継ぎ井戸周辺しか人が居ない。

祭りの規模を縮小してパレードもお城→お城通り→息継ぎ井戸のルートで良いのでは?と思ってしまいました。

主催者発表の8万人。到底それほど人が居たとは思えない。
よくて3万人程度では?
投稿:維持か縮小か 2018年12月15日
ファミマ中洲店〜ファミマ中広店の間は数年前からふれあいゾーンになっていてパレードコースではありませんから見物客が少ないのは仕方ないと思いますよ。
投稿:おじゃる 2018年12月15日
実行委員の皆様にはいつも関心をさせられます。ボランティア団体の方々、特に頑張っておられます。市役所の人たちも頑張っておられるんでしょうが、私たち市民にはボランティアの方々がいないと成立しない義士祭に思えます。昨日、スタッフ代表の方(Kさん)にインタビューをさせていただきました。やはり、年々、ボランティア側の負担が大きくなってるようでした。また、市民の中で赤穂に対する思いが希薄になってきている。僕は大学時代しか赤穂にいなかったのに、よっぽど僕の方が、赤穂に愛着がある。今足りないのはそういうところでしょう。とおっしゃっていました。ここらで、義士祭も転換期が来てるんでしょうね。
投稿:めると 2018年12月15日
相生市で商売をされてる方が、毎年12月が来る度に自動的に忠臣蔵で盛り上る赤穂の様子を見て羨ましそうに言ってました。
赤穂は討ち入ったお陰で、まだ200年先の500年は大丈夫。
相生には城もなければ、ヒーローもいない。しんどいわ〜って。
たしかに、赤穂の土地や先人が残した持ちネタの豊富さは、他の自治体より数段抜きん出てます。財産を生かすも殺すも、私達の知恵次第。
来年は久々の土曜義士祭。その頃には、堤真一主演の忠臣蔵の新作映画も公開予定らしいし、官民一体で盛り上げましょう!
投稿:内蔵助の残した財産 2018年12月15日
そのKさんと一緒に義士祭を支えたものです。昨日は走り回っておられました。私は代表といった立場でやらせてもらったことがないので分かりませんが、本当にハードみたいです。寝ている暇なんかないんじゃないか、と心配になるほどでした。ただ、そんな彼に「そんなんして今更何になるんや」「売名行為だ」といった声も実際に上がっていましたし、赤穂の市民の民意はどんどん落ちてきているのかなと感じました。何もしない人たちに限ってネチネチいうのは今の日本の縮図のようですね。彼のような有望な若者を潰すことだけはやめていただきたいです。
投稿:わかまつ 2018年12月16日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 4月から常勤医師8人増員〜赤穂市民病院←たくさんだ(03/17)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民(03/16)
  • 4月から常勤医師8人増員〜赤穂市民病院←産婦人科(03/16)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中